Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

【初心者必見】インスタ集客ができない原因と対策10選

【初心者必見】インスタ集客ができない原因と対策10選<

この記事はインスタ集客が思うようにできないと悩む初心者に向けた記事です。集客ができない原因10つを理解し、正しい対策を実践してこそ結果へとつながります。集客に役立つインスタ機能の使い方や魅力的なプロフィールの作り方もあわせて解説します。

 インスタ集客ができないときに見直すべき10個の原因

インスタの集客を成功させるためには、集客ができない原因を特定し改善策を実行するステップを踏むことが大切です。毎日インスタを運用しているけど集客ができないと、悩む方が見直すべき10個の原因を紹介します。

1.更新頻度が低い

 インスタの更新頻度が低いと以下のことが起こりやすくなります。

  • 最新情報を求めるアクティブユーザーが離脱する
  • 継続的な新規フォロワーの獲得が困難になる

インスタを使用するユーザーはトレンドが好きな方が多いため、情報の更新が一定期間なければフォロワーが離脱してしまうリスクがあります。自社の商品やアカウントに関心を持った方を更新していないことが理由で手放すということはなかなかもったいないです。

このようなことが起こらないようインスタで集客を続けるためには、現在のフォロワーに関心を持ち続けてもらうための取り組みや新規投稿からフォロワーを獲得していく心掛けが大切です。

 2.投稿内容がターゲットに刺さっていない

 せっかく投稿をしても、投稿内容がターゲットに必要とされなければ集客につなげることができません。投稿数を増やせばユーザーの閲覧数も増やしやすいのですが、集客につながるかどうかは別の問題です。大切なのは「フォロワーがどのような情報を求めているのか」を明確にして、ニーズに合った情報を提供することです。

たとえば、店舗でハンバーガーを売りたい時にどんなに美味しそうなハンバーガーの画像をアップしても、集客につながる可能性は低いです。なぜなら、ユーザーが求めている情報が不足しているからです。

自社のハンバーガーを売りたいと仮定した時に、インスタの投稿内容がターゲットに刺さるようにするためには以下のような工夫をしましょう。

  • ハンバーガーの価格やサイドメニューの提示
  • 店舗へのアクセス方法の記載
  • 店内の様子もアップする

人気メニューや店の雰囲気、店舗へのアクセスが分かれば「美味しそう!」と感じたユーザーが、より興味を示しやすくなります。せっかくターゲットに関心を持ってもらったのに、提供する情報が不足していることで集客できないというのは非常にもったいないことなのです。

3.次のアクションへの導線が上手く作れていない

 投稿をやみくもに続けていても「商品をどのように購入へとつなげるか」という導線がつくれていなければ、集客につながりません。インスタにおける導線づくりをしない状態とは、いわばエサをつけずに釣りをしているのと同じ状態です。目標が魚を釣ることであればエサが必要なのと同じで、インスタで集客する目標があるのであれば、集客ができる投稿をしなくてはなりません。

インスタ投稿からアクションを起こしてもらいやすくするために、ショッピング機能を活用してURLリンクを設置したり、商品の魅力やサービスを中心に投稿したりと工夫をしましょう。

4.効果検証、分析をしていない

投稿した内容がターゲットにみてもらえていなければ、自社の投稿に関心を示す方がいないという状態に等しいため、集客につながることはありません。投稿の頻度は多いのに、成果がついてこないというのはインスタ初心者の方にありがちな悩みの1つです。

集客につなげるために大切なことは「投稿した内容とターゲットのニーズがマッチしているか」です。どんなに投稿を頑張ってもターゲットが反応を示さず、目的である「集客」に結び付かなければ意味を成しません。ユーザーが投稿をみて、アクションを起こした回数を確かめる手段としては「コンテンツでのインタラクション」の利用が便利です。

 「いいね!」の数や「コメント数」をチェックしてどのような内容が反応されているのか、または商品の購入につながっているのかを分析して集客へつなげましょう。

 5.信頼性が確立されていない

 インスタのユーザーは投稿をみた際に「このアカウントは信頼して大丈夫かな?」という疑問を持ちます。さらにいうと、多くの方に評価されているかどうか・フォロワーとの信頼関係に問題はないかなど、集客につながる要となる部分に最も不安を抱えています。

 そのため、信頼性を確立するための根拠のある投稿やターゲットとするフォロワーの獲得により、いいねやコメントを盛り上げるなど工夫が必要です。

6.ユーザーとのコミュニケーションに問題がある

 投稿に対するアクティブ数が増え、いいねやコメントがついたとしてもユーザーへの対応がよろしくないとマイナスな印象を与えてしまいます。質問コメントがついているのに応答しない、ターゲットが求める回答ができていないなどのケースが代表例です。

インスタの集客において「ターゲットと親しみを持ち誠実な対応をする」ことも大切ですので、ユーザーとの適切なコミュニケーションをするよう心掛けてください。

7.投稿内容の質が低い

 投稿画像やストーリーが、ターゲットにとって魅力的でなければ関心を示してもらえないため、集客につなげることができません。

インスタの画像投稿では、特に「鮮明かどうか」や「親しみやすいかどうか」など感覚的な判断でアクションを起こすユーザーが多いため、画質や画角へのこだわりはもちろん「ターゲットが共感できる画像かどうか」を意識する必要があります。流れてきた投稿だけでなく、プロフィールを訪れて別の投稿も確認したい!と思わせるような投稿を意識しましょう。

8.機能を使いこなせていない

 インスタ初心者の方に多いのが、「そもそもどんな機能があるのか知らずに利用している」ため集客に結びつかないケースです。使える機能を使うべき場所で活用しないと、どんなに優れた集客力があっても目的までの道のりは遠のいてしまいます。

なるべく早く集客をしたいとフォロワー数だけを気にされる方がいらっしゃいますが、リール機能やストーリーズ、ショッピング機能などを上手く活用する方がスムーズな集客へつながります。フォロワー数が多く投稿への反応も多いアカウントであるほど、インスタ機能の特徴を生かした投稿をしているというのも活用すべき理由です。

9.プロフィールが魅力的でない

(魅力的にプロフィールを設定できている事例)
画像引用:https://www.instagram.com/starbucks_j/?hl=ja

投稿が気になったユーザーの一部が、プロフィールへ訪れることがあります。しかし、ダラダラと長い紹介文であったり簡易すぎるプロフィール、明らかにビジネス目的とわかる文面では集客どころかユーザーの離脱を招いてしまいます。

対策としてはターゲット向けに、自社の魅力を分かりやすく説明したテキストを書いたりアクションボタンの設置数を増やしたりするなどして、ターゲットにとって有益なプロフィールにすることです。

10.ハッシュタグを利用していない

(効果的にハッシュタグを使用できている事例)

ハッシュタグは、多くのユーザーに投稿やプロフィールをみてもらう目的で利用しますが、初心者の方の多くはあまり意識していない傾向があります。投稿した画像や投稿テキストがターゲットにマッチしていても、投稿がターゲットに表示されないのであればなかなか集客につなげることができません。

伸びているアカウントが投稿の際にどのようなハッシュタグを付けているのか、自社と関連の深いハッシュタグはどれなのかを事前に分析し、投稿へのアクションを増やしていきましょう。

今すぐ使えるインスタ集客のアイデア11選

インスタで集客を増やすためには集客ができない原因を分析し、改善へとつなげる取り組みが必要です。

ここでは、インスタの集客が上手くいかない、集客の方法がわからないと悩む方に向けて今すぐ役立つ11個のテクニックを紹介します。

1.更新頻度を上げる

 更新頻度に正解はありませんが、新規フォロワーの獲得と最新トレンドを求めるフォロワーの離脱を防ぐため、更新できるタイミングを逃さないようにする意識を持つことが大切です。たとえば、インスタでのアクション数が多い土日祝日の夜や、情報確認として利用者が増える月曜日の朝などの時間帯を上手く活用すると集客へつながりやすい傾向があります。

投稿回数に制限は設けられていませんが、ハッシュタグの多用しすぎや1投稿で10枚以上の画像や動画を選択するとエラーがでる可能性があるため注意が必要です。

2.投稿内容の質を一定に保つ

 インスタ投稿の質を一定に保つことは安定したフォロワーの獲得ターゲットの離脱を防ぐため、結果として集客へとつなげやすくなります。

インスタにおける質の高い投稿とは「ターゲットユーザーに共感される投稿」です。アカウントに対するフォロワーの反応率(いいねやコメントなど)を示すエンゲージメント率が高いほどユーザーの満足度が高いとされ、ハッシュタグ検索上位に表示されやすくなります。むやみにフォロワーを増やそうとするより、フォロワーが少なくてもターゲットに共感を与えられることを目指し、投稿を見直しましょう。

3.効果検証、分析を必ず行う

参照:Insight Suite | Instagram(インスタグラム)の無料インサイト分析ツール

インスタ投稿のエンゲージメント率をチェックするほか、インスタグラムの分析ツールである「Insight Suite」を利用することでアカウントの影響力や投稿の傾向を、より詳しく分析することができます。投稿を閲覧したユーザーの性別や年齢はもちろん、設定したターゲットとフォロワーがマッチしているかどうかを調べるのにも役立ちます。無料で使用することができるため、積極的に活用して集客につなげていきたいですね。

 関連記事:インスタを使ったSNS集客を完全解説!成功させるコツから事例までご紹介

4.プロフィールを充実させる

画像引用:https://www.instagram.com/starbucks_j/?hl=ja

プロフィールの充実はターゲットの購買意欲を高めるだけでなく、アカウントの信頼を得ることにもつながります。プロフィールにサービスの内容や魅力を記載するほか、インスタ集客のテクニックとして利用されるアクションボタンの活用を検討してください。

インスタのアクションボタンは、ビジネスプロフィールでのみ選択可能で「予約機能」や「チケット購入機能」などがありますので集客に必要ならば追加し、自社のURLにおいてもテキストでの設置よりアクションボタンを活用した方がバランスが取れユーザーが見やすくなることが多いため参考にしてください。

また、集客においてプロフィール写真を魅力的にしておくことも大切です。人間の第一印象がその後のコミュニケーションに大きな影響を与えるのと同じように、インスタのプロフィール写真も自社の印象に大きな影響力を与えます。そのため、自社の取り組みが分かるような写真を設定するのが望ましいです。

5.集客導線を明確にする

集客をどのような手法でおこなっていくのかを、あらかじめ明確にしておくことは結果につなげる上で大切な行程ですが、エンゲージメント率を確認し投稿が伸び悩むようであれば状況に合わせて変えていく必要があります。

理由は、必ずしも投稿から自社リンクを設置したプロフィールへ訪れてもらえるわけではないためです。プロフィールを充実させターゲット層や投稿内容の方針を明確にすることで集客につながりやすくなりますが、投稿での訴求文の主張が強すぎるとターゲットが嫌がりアクションを起こしてもらえなくなってしまいます。同様に訴求文の情報が不足している場合も、離脱するということが起こり得ますのでターゲットユーザーの反応をみながら修正していきましょう。

6.機能を上手く活用する

 インスタの機能を理解し、上手に活用することで集客を効率的におこなうことができます。積極的に活用したいインスタの代表的な機能について説明します。

リール機能

参照:Instagram

 15~60秒ほどの短い動画を投稿できる機能で、インスタのアプリから視聴、作成することができます。要点だけをまとめた投稿として上手く活用すればユーザーに強いインパクトを残すことができる点がメリットです。

関連記事:インスタの「リール」を使った集客方法や再生回数を伸ばすためのアイデア

IGTV

 モバイルから15分間の投稿、PCから60分までの動画を投稿、視聴できるアプリでインスタライブの保存が可能です。長時間の投稿ができる点が高く評価されていたのですが、InstagramはIGTVの提供を2022年3月で終了すると発表しています。

 

ショッピング機能

参照:Instagram

インスタのショッピング機能は、ECサイトの商品ページにリンクできる機能のことで、インスタで商品を購入したい!売りたい!という願いを叶えてくれます。これまでプロフィール欄にしか、リンクが反映されなかったというデメリットをうまくカバーしています。

利用開始には簡単なチェックがありますので、下記の基準を満たすかどうかを確認してください。

  • 有形商品を販売するビジネスであるかどうか
  • Facebookのコマースポリシーに適合しているかどうか
  • Instagramアカウントがビジネスアカウントとなっているかどうか
  • Facebookページにリンクしているかどうか

すべて「はい」であれば利用することができます。投稿からプロフィールページへアクセスしてもらい、リンク誘導をするより効率的です。

ストーリーズ

参照:Instagram

インスタの投稿で最も短い15秒までの動画を投稿できる機能であり、投稿してから24時間で消えるという特徴があります。ホーム画面の上部に表示されるため、今だからこそ伝えておきたい内容や後に残したくない内容を投稿するのがベストです。

閲覧者を表示することができるので、ターゲットに届いているかの確認を習慣にすると効率の良い集客へつながります。

関連記事:インスタマーケティングでなぜ「ストーリー」が重要なのか?戦略を徹底解説

ライブ配信

参照:Instagram

特別な機能やアプリインストールの必要がなくリアルタイムで動画を配信、閲覧できる機能です。配信終了後でもストーリーにシェアすることで、24時間限定で閲覧することができるという特徴があります。ライブ配信は集客としての利用だけでなく、フォロワーやファンの方に自社ブランドへの理解を深めて欲しい!という時にも役立つため活用を検討してください。

7.ハッシュタグを上手く活用する

自社サービスとの関連が高いキーワードを5~6個設置して投稿をすることで、ターゲットにみてもらいやすくなります。どんなハッシュタグを付けたらよいか分からないという方は、以下の方法でリサーチしてください。

  • 競合がどのようなハッシュタグをつけているのかを調査する
  • サービスに関連するハッシュタグで「いいね」や「コメント数」の多いものを積極的に活用する

インスタの投稿に使用するハッシュタグは30個までとなっていますが、数が多ければよいわけでもないということを覚えておきましょう。

 8.実店舗や公式ページなどにアカウントのQRコードを記載する

 アクセス数、集客率をアップさせるためにインスタのQRコードを、店舗や公式ページに記載する方法もおすすめです。

実際に店舗へ訪れてくれた方や自社の商品を購入してくれた方、気になって検索をかけた方がさらに自社への関心を深めることにもつながります。1人の顧客からシェア機能で拡散され、10人、100人と集客の幅を拡大していくことも夢ではありません。

 関連記事:インスタを使ってお店に集客するコツと活用したい機能とは?成功事例もご紹介

9.定期的にキャンペーンを行う

 新規フォロワーの獲得、ターゲット層の集客、自社ブランディングのアップなどを目的としてフォローキャンペーンハッシュタグ投稿キャンペーンをおこなうのも、インスタ集客の手段として有効です。

インスタ初心者の方で、一気に知名度を上げてフォロワーを増やしたいという方に特におすすめです。応募条件のハードルを可能な限り下げて、ターゲットに魅力的な商品を提供することができればターゲットの集客が見込めます。

 10.インフルエンサーを起用する

 商品サービスの認知度をアップしたい時に、インスタで影響力のあるインフルエンサーを起用して集客につなげる方法もあります。最大のメリットは、自社制作でよくありがちな「広告っぽさ」をださずに第三者としてアプローチが可能である点です。

インフルエンサーを探す最も簡単な方法は、ハッシュタグで検索をかけ希望の方にダイレクトメッセージを送ってみることです。

 11.広告配信を行う

「Instagram広告」機能を活用することで、写真や動画の広告を簡単に配信することが可能です。

下記に「Instagram広告」の特徴を記載します。

  • 過去反響の良かった投稿や新しい画像/動画を広告として配信できる
  • デモグラフィック情報(年齢、性別、住居、興味関心、ライフステージなど)でターゲットを詳細に絞り込める
  • 低予算(数百円~)で始めることができる
  • すぐに配信、すぐに停止できる柔軟性があり、配信期間を自由に設定できる
  • 詳細な成果状況を確認できる(どれくらいの人が見て、クリックしたかなど)

利便性高く広告配信が可能で、アカウントのフォロワー以外へ広告配信が可能です。

ターゲットとなる消費者を効果的に集客できます。一定期間に売上を伸ばす際に、施策として上手に取り入れてみましょう。

インスタ集客における注意点

インスタ初心者の方によくみられるのが、独自の方法で集客をしようと成功を焦るあまりターゲットの流入が見込めない形での投稿が続き、結果としてインスタ集客が失敗に終わってしまうケースです。貴重な時間を無駄にしないようにするためにインスタ集客をする際の注意点3点を紹介します。 

むやみなフォロワー増加を目的としない

フォロワー増加を目的として、不特定多数をフォローする方法はおすすめできません。一時的には効果があるかもしれませんが、自社の商品に関心のない方もフォロワーの中に含まれているため集客の成功とは反れてしまいます。

フォロワー狙いのフォローはユーザーからみてもすぐわかりますし、自社のブランディングが低下する原因ともなります。フォロワーが多いが自社に関心の低いまたはない方で構成されているアカウントよりも、フォロワーが少ない状態でも関心の高い方で構成されているアカウントの方が、長い目でみると集客につながりやすいアカウントであるといえます。

ユーザーとのやり取りはいつも誠実に

ターゲットのみならずインスタユーザーは「信頼できるアカウントかどうか」を常にチェックしています。コメントに対する応答が的確で丁寧であるか、フォロワーとの信頼関係がどうなのかなどを確認した上でフォロワーとなることが大半です。

そのため、商品の購入につながらないであろうユーザーからの質問であっても、丁寧な対応を心掛けることが大切です。

Instagramのアルゴリズムを理解しておく

 Instagramのアルゴリズムの理解とは、「Instagramがどのような法則で稼働しているのか」を知るということです。簡単にいうと「アカウントと投稿の内容がマッチしているか」「ユーザーとコンテンツの距離が近いかどうか」などを判断するInstagramの運営目的に、マッチしているかどうかがキーポイントとなります。

運営の目的と自社アカウントがマッチしていればいるほど、得をすることが多いと覚えておくと簡単です。

 インスタグラムのお悩みはEpaceへお任せください

インスタをはじめとするSNSを長期に渡って運用するにはコツが必要であり、効率性や臨機応変な対応力が求められます。超えるべき壁が複数あるため初心者の方は特につまづきやすく、思うように結果がでないこともあります。

SNSコンサルタントに任せるというのも選択肢の1つです。

Epaceは積み上げてきたSNS集客のノウハウを使い、お客様にあったツールの選択から、投稿の作成、運用、細かい分析まで行い運用の支援を致します。

SNS集客を効率的に成功させたい、運用に困っているなどありましたらぜひお問合せください。

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。