Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

TikTok運用代行会社おすすめ17選|選び方,依頼するメリット/デメリットも

昨今、TikTokの勢いはすさまじいものがあり、TikTokを利用して自社をPRすることは、ポピュラーなWebマーケティングの手段の一つとなりました。

そして同時に、TikTok運用代行の事業を手掛ける会社の数も一気に増加してきています。

ですが、TikTokという業界自体の若さゆえ、いわゆる「大手」と呼ばれる運用代行会社は少なく、「どの会社に依頼すればいいのかまったくわからない」と考えている会社さんが多いのが現実だと思います。

そこで、本記事ではおすすめのTikTok運用代行/コンサル会社を紹介します。

併せて、TikTok運用代行を依頼するメリット・デメリットTikTok運用代行/コンサル会社の選び方も解説します。

本記事を読めば、自社の目的に合ったTikTok運用代行/コンサル会社を見つけて、TIkTokマーケティングで成果を出せるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

TikTok運用・広告に関するお悩みは株式会社Epaceにご相談ください。

 

株式会社EpaceではTikTokの運用・広告に関する無料相談を行っております。

  • 無料相談でできること
  • TikTokに関するお悩み相談(なんでもOK)
  • 業界ごとのTikTok運用・広告の事例紹介
  • TikTokで得られる成果のシミュレーション

これまで200社以上の実績があり、SNSマーケティングに特化しているからこそのノウハウや情報もお伝えできますので、お気軽にお問合せください。

無料相談はこちら▶︎

目次

TikTok運用代行を依頼するメリット

では、そもそもTikTok運用代行を依頼するのにはどういったメリットがあるのでしょうか。ここでは、TikoTok運用代行を依頼するメリットを3つ紹介します。

メリット①:短期間で結果が出やすい

TikoTok運用代行を依頼するメリット1つ目は、短期間で結果が出やすいことです。

TikTokの運用は、KPI設定、企画・撮影、数字管理など業務量が多く、しっかりとしたリソースを投じなければ、成果を上げることはできません。

ですが、TikTok運用代行/コンサル会社はTikTok運用に関するノウハウを豊富に持っているため、自社で運用するよりも短期間で成果が出る可能性は圧倒的に高いです。

もちろん、自社で運用することにも利点はありますが、確かな成果を高確率であげたいのであれば、運用代行の利用はおすすめです。

メリット②:トータルコストを削減できる

TikoTok運用代行を依頼するメリット2つ目は、トータルコストを削減できることです。

自社でTikTok運用する場合には専門の運用担当を配置しなければばりません。加えて、膨大な量の業務をこなすためにも、運用担当は複数人必要になります。

一人月25万円で最低3名で運用すると、毎月75万円の人件費が発生します。ここからさらに、運用に必要なツール等の使用料や撮影に必要な経費等を合わせると、月に100万円は簡単に超えてしまいます。

そうなるぐらいであれば、月に数十万円を支払って運用代行を依頼した方が圧倒的にコストを削減してTikTok運用を行うことができます。

料金プランは会社ごとに異なりますが、一月当たり数十万円の価格帯のプランもあるため、コスパを重視しつつ本格的にTikTokを運用したいのであれば、運用代行はおすすめです。

メリット③:炎上リスクを軽減できる

TikoTok運用代行を依頼するメリット3つ目は、炎上リスクを軽減できることです。

SNS運用に炎上は付きものですが、特にTikTokは他のSNSと比べて炎上リスクが高いと言われています。

炎上の主な原因は運用者側の注意不足・認識不足ですが、運用期間が浅く実績も少ない人だと、そこのリスクマネジメントを行えない可能性もあります。

ですが、TikTok運用代行/コンサル会社は「どんな投稿が炎上するのか?」「炎上した場合、どういった対応を取るべきか?」といったポイントを把握しているため、自社で運用するよりも安心してTikTok運用を行えます。

なお、TikTokの炎上に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

【企業】TikTokで炎上したときの対処法5選|原因,実際の事例も

 

TikTok運用代行を依頼するデメリット

このように、TikTok運用代行を依頼することは会社にとって大きなメリットとなる可能性を秘めていますが、言うまでもなくデメリットも存在します。続いては、TikTok運用代行を依頼するデメリットを紹介します。

デメリット①:自社に運用ノウハウが蓄積されにくい

TikTok運用代行を依頼するデメリット1つ目は、自社に運用ノウハウが蓄積されにくいことです。

運用代行会社に依頼すれば、TikTok運用に関するほぼ全ての業務をプロに実行してもらえるため、自社で運用するよりも成功する可能性が高いことは先述の通りです。

ですが、全ての業務を丸投げするとなると、自社内にはいっさいノウハウを溜めることはできず、仮に契約期間が終了して自社で運用しなければならなくなった場合、対応が困難になってしまいます。

そのため、運用代行を依頼する場合は完全に丸投げするのではなく定期的にミーティングを設けてノウハウをある程度吸収しておくことに加え、運用代行の手が離れたあとのアカウントの運用方針を事前に検討しておく必要があります。

デメリット②:インハウスよりもコストがかかる場合がある

TikTok運用代行を依頼するデメリット2つ目は、インハウスよりもコストがかかる場合があることです。

基本的には自社運用(インハウス)よりもコスパ良くTikTokを運用できるの運用代行ですが、運用代行費用の他にオプション費用を追加で請求されたり、そもそもの運用代行費用が高額であったりすると、インハウスよりもトータルのコストがかさむ場合もあります。

もちろん、運用代行会社はきちんと料金説明も行っていると思いますが、目的や予算を「なんとなく」で決めてしまうと、必要以上のコストを費やさなければならなくなるのです。

デメリット③:思うように成果が出ない可能性がある

TikTok運用代行を依頼するデメリット3つ目は、思うように成果が出ない可能性があることです。

TikTok運用代行は、自社運用よりも結果に結びつく可能性が高いのは事実ですが、なかには期待していた成果が出ないケースもあります。

なぜなら、TikTokの運用代行は事業としての参入障壁が低いため、運用実績が少なく運用のノウハウに乏しい会社も運用代行事業に参入するようになってきたからです。

そのため、なんとなくで運用代行会社選びをしてしまうと、運用結果が伴わない会社とマッチングする可能性もあります。

運用代行会社を選定する際に、実績や評判、サポート内容を入念にチェックしておくことは必須です。

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業

TikTok運用代行では、主に以下の作業をサポートしてもらえます。

  • アカウント設計
  • 動画コンテンツの企画・台本作成
  • 動画制作・投稿
  • TikTokインフルエンサーのキャスティング
  • ハッシュタグ選定
  • 投稿文作成
  • フォロワーとのコミュニケーション対応
  • 結果レポート作成
  • TikTok広告の運用代行
  • 運用に関するアドバイス

では、それぞれの作業について解説します。

作業①:アカウント設計

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業1つ目は、アカウント設計です。

まずは、運用の根幹となるアカウントのコンセプトや戦略を練ります。

具体的には「何を目的とするのか(フォロワーの獲得や商品・サービスの販売など)」、「どんな動画を誰に向けて投稿するのか」などを考えます。

ここがブレると、どれだけ良い動画を投稿しても成果に結びつかないため、運用代行会社の手腕がもっとも試される部分と言っても過言ではありません。

作業②:動画コンテンツの企画・台本作成

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業2つ目は、動画コンテンツの企画・台本作成です。

企画立案と台本作成を疎かにすれば、動画のクオリティは一気に低下します。

特に人物を登場させる動画であれば、「どんな動きをさせて何を喋らせるのか」まで細かく決めておく必要があります。

作業③:動画制作・投稿

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業3つ目は、動画制作・投稿です。

実際に動画を撮影・編集したり、制作した動画を投稿する作業です。

TikTokはパソコンを使えば予約投稿は可能ですが、TikTok内で文字を入れたりする場合は予約投稿ができないため、実は投稿作業も意外と手間がかかります。

そのため、運用代行に依頼する場合は、この作業は必ず依頼しておくべきです。

作業④:インフルエンサーのキャスティング

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業4つ目は、インフルエンサーのキャスティングです。

短期間でTikTokアカウントを成長させるために、インフルエンサーの力は必要不可欠です。

最近は自社でインフルエンサーを抱えている運用代行会社も多く、そのような会社は支援プランのなかにインフルエンサーのキャスティングを盛り込んでくれている場合もあります。

なお、TikTokのインフルエンサーマーケティングに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokのインフルエンサーマーケティングとは?成功事例,依頼方法も

作業⑤:ハッシュタグ選定・投稿文作成

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業5つ目は、ハッシュタグ選定・投稿文作成です。

TikTok動画には、動画の説明をする文章とハッシュタグを掲載することができます。

このハッシュタグと投稿文も非常に重要で、上手く使えばフォロワー増加、外部サイトへの流入増加も期待できます。

なお、TikTokのハッシュタグに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokのハッシュタグの選び方5選|使用するメリット,注意点も

作業⑥:フォロワーとのコミュニケーション対応

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業6つ目は、フォロワーとのコミュニケーション対応です。

動画の視聴者からのコメントに返信したり、「いいね」を押したりすると、「交流が活発なアカウント」とされて動画が伸びやすくなる一方、動画の再生数が急激に伸びると、数百~数千を超えるコメントが来ることも珍しくありません。

そうなると、それらのコメントに自分たちでひとつずつリアクションしていくのはかなりの時間を要するため、フォロワーとのコミュニケーション対応も運用代行に任せておくのがベストです。

なお、TikTokのいいね数に関しては、下記の記事で詳しく解説しています

TikTokのいいね数を増やす方法5選|いいねした動画の見方も

作業⑦:投稿結果レポートの作成

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業7つ目は、投稿結果レポートの作成です。

「動画を投稿して終わり」では、一時的にアカウントが伸びたとしても、その「伸び」を継続させることはできません。

投稿結果の分析で出てきた改善点を次回以降の投稿に活かす、いわゆる「PDCAサイクル」を回していくことは、TikTokアカウント運用において最重要事項の一つです。

この作業も、運用代行会社の腕の見せ所と言えます。

作業⑧:TikTok広告の運用代行

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業8つ目は、TikTok広告の運用代行です。

アカウント用のコンテンツ動画制作・投稿と並行して、TikTok広告の運用も実施すれば、より短期間でのアカウント成長が期待できます。

ですが、TikTok広告の運用は通常の投稿用動画制作以上に専門的な知識が必要となるため、難易度は高いです。

そのため、依頼しているTikTok運用代行会社がTikTok広告の運用にも対応しているのであれば、迷わず任せることをおすすめします。

なお、TikTok広告に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

【保存版】TikTok広告とは|種類,出し方,費用相場も

作業⑨:運用に関するアドバイス

TikTok運用代行/コンサル会社がサポートしてくれる作業9つ目は、運用に関するアドバイスです。

もしも、運用を丸投げせずに、ある程度自社で運用していくことを基本方針としている場合は、コンサルタントとして支援してもらうことも可能です。

慣れないTikTok運用をしていれば、必ず何かしらの疑問は出てくると思いますが、TikTokの情報を自力で収集するのはハードルが高いため、プロから常にアドバイスをもらえる環境にしておくことで、安心して運用に取り組めます。

TikTok運用代行/コンサル会社の費用相場

このように、TikTok運用代行/コンサル会社は幅広い支援を行っている会社がほとんどですが、実際の費用相場はいくらぐらいなのでしょうか。

TikTok運用代行/コンサルの費用は、毎月決まった金額を支払う「月額型」フォロワーの増加数やCV数に応じて費用を支払う「成果報酬型」の2つにわかれており、現在は「月額型」の報酬形態の会社がほとんどです(本記事では「月額型」で紹介します)。

そしてここでは、「中小企業」、「大企業」、「個人/フリーランス」の3つに分けて紹介します。

  • 中小企業:30万円~60万円程度/月
  • 大企業:60万円~100万円程度/月
  • 個人/フリーランス:5万円~20万円程度/月

このように、企業規模が大きくなればなるほど、費用相場は高くなっていきます。

TikTok運用代行/コンサル会社の選び方

TikTok運用代行会社は数多く存在しますが、そのなかから1社を選ぶ場合、どのように選べばいいのかわからなくなることも多いかと思います。

ここでは、TikTok運用代行/コンサル会社の選び方を3つ紹介します。

選び方①:取引実績を確認する

TikTok運用代行/コンサル会社の選び方1つ目は、取引実績を確認することです。

TikTok運用代行会社もピンキリですので、「会社のHPはしっかりしているけど、実績はそんなにない」という場合もあります。

そのため、TikTok運用代行会社を利用する際は、過去にどういった企業と取引して、どんな案件に携わり、どれぐらいの成果をあげてきたのかを必ず確認するようにしましょう。

HPに掲載されていない場合は企業に直接問い合わせて、担当者の方に話を聞いてみるのもおすすめです。

選び方②:支援してもらう範囲を決める

TikTok運用代行/コンサル会社の選び方2つ目は、支援してもらう範囲を決めることです。

TikTok運用代行を行っている会社は、様々な支援プランを用意しています。

例えば、動画制作のアドバイスのみを行うコンサルティングスタイルもあれば、一か月に決まった数の動画を制作して投稿したり、アカウント立ち上げから運用まで任せたり、その範囲は非常に細かく幅広いです。

そのため、どこまでの範囲の作業を依頼したいのかを明確にしておかなければ、契約してから「ここもやってもらいたいのに…」というトラブルに発展しかねません。

また、動画制作のクオリティに強みを持っていたり、インフルエンサーとの繋がりを持っていたりと、各会社によって強みとしている部分は異なるため、そこも併せてチェックしておくべきです。

選び方③:レスポンススピードを確認する

TikTok運用代行/コンサル会社の選び方3つ目は、レスポンススピードを確認することです。

これはBtoBの取引においては当たり前のことではありますが、会社によっては問い合わせになかなか返信がこなかったり、チャットのレスポンスが2、3日に一回しか来なかったりする場合もあります。

TikTokを伸ばすためには、短いスパンでPDCAサイクルをいかに回せるかが重要であるため、レスポンスの遅い会社に運用代行を依頼することは、TikTokアカウントの伸びるスピードを遅くしているのと同義です。

短期間で成果を出すためにも、スムーズに連絡を取れるか否かは、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

TikTok運用代行/コンサル会社おすすめ17選

本記事では、おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社を17社紹介します。

TikTok運用代行の会社には、TikTokアカウントの運用のみを行う会社、TikTok広告の運用を行う会社、その両方を行う会社が存在します。各社それぞれが独自の強みを持っている会社ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ①:Epace(イーペース)

僭越ながら、まずは弊社Epace(イーペース)の紹介をさせていただきます。

Epaceは「消費者視点」を重視したSNSマーケティングを得意としており、お客様の特性や商品・サービスの特徴に合わせた支援を行っています。

1年でフォロワー数14万人を達成し、お問い合わせ件数が5倍に増加した美容クリニック様」、「1年でお問い合わせ件数が10倍に増加し、オフラインイベントの集客も5倍増加した投資用不動産会社様」など、幅広いジャンルで支援させていただき、確かな成果を出しております。

また、これまで支援させていただいた会社の数は200社を超えております。

ご相談からお見積りまで無料で対応しておりますので、「TikTokで悩んでいる」という方は、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

特徴
  • 高い成果を出せるTikTok広告の運用代行
  • ライブコマースを活用した購買促進支援が可能
  • TikTokアカウント運用内製化の支援が可能
  • TikTok内での熱狂的ファンの醸成に強みがある
費用
  • ライトプラン(月9投稿):月額40万円〜
  • スタンダードプラン(月15投稿):月額50万円〜
サービスページ https://e-pace.co.jp/service/tiktok/

おすすめ②:studio15(スタジオフィフティーン)

出典:studio15

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社2社目は、studio15(スタジオフィフティーン)です。

studio15は、TikTok運用代行、広告動画の企画・制作、TikTokクリエイターのマネジメントなど、TikTokに特化したサービスを提供している会社です。

TikTokに関連する事業を幅広く行っているため、アカウント設計~運用までワンストップで依頼可能です。

また、企業向けのセミナーやD2Cの開発、プロによる楽曲・振り付け制作なども行なっており、特に10代を中心とした若者世代に刺さるコンテンツ制作を得意としている点も大きな特徴です。

特徴
  • TikTokに特化したサービスを提供している
  • アカウント設計~運用までワンストップで依頼可能
費用 要お問合せ
サービスページ https://studio15.co.jp/service/

おすすめ③:pamxy(パンクシー)

出典:pamxy

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社3社目は、pamxy(パンクシー)です。

pamxyは、登録者100万人超のYouTubeチャンネル『あるごめとりい』を運営している、SNSマーケティングを得意とする会社です。

TikTokの運用代行に加えてYouTubeの運用代行も可能で、TikTokを活用したYouTube運営をに強みを持っています。

TikTokとYouTube両方を伸ばしていきたい会社におすすめです。

特徴
  • 自社で登録者100万人以上のYouTubeチャンネルを運営している
  • TikTokとYouTubeの2軸で支援が可能
費用 要お問合せ
サービスページ https://pamxy.co.jp/marketing/tiktok/

おすすめ④:ウィニングフィールド

出典:ウィニングフィールド

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社4社目は、ウィニングフィールドです。

ウィニングフィールドは、TikTokの広告運用代行を行なっている会社です。

人工知能(AI)を利用した高いターゲティング精度を誇る運用型広告を特徴としています。

また、TikTok以外にも幅広い領域のWebコンサルティングも手掛けているため、他の広告運用の知見も生かした効果的な広告運用が期待できます。

特徴
  • 高いターゲティング精度を誇る運用型広告の運用が可能
  • TikTok以外のWebコンサルティングにも対応
費用 要お問合せ
サービスページ https://winningfield.net/tiktok2/

おすすめ⑤:Star Creation(スタークリエイション)

出典:Star Creation

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社5社目は、Star Creation(スタークリエイション)です。

Star Creationは、TikTokに特化したプロモーションやマーケティングの企画・運用を得意とする企業です。

TikTok運用の豊富な経験と実績を持つ動画クリエイターとの共同制作に加え、TikTok以外にもイベント制作、音楽レーベルやメディアの運営も手掛けていることから、コンテンツのクオリティには定評があります。

また、少額から依頼できるプランから大規模なプロモーションまで柔軟に対応しており、企画の提案段階から並走してもらうことも可能です。

特徴
  • TikTokに特化したプロモーションやマーケティングの企画・運用が可能
  • イベント制作、音楽レーベルやメディアの運営も手掛けているため、コンテンツのクオリティに定常がある
費用 要お問合せ
サービスページ https://star-creation.com/service/account/

おすすめ⑥:メディアエイド

メディアエイド

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社7社目は、メディアエイドです。

メディアエイドは、代表自身がフォロワー数36万人超の現役医大生TikTokerであり、約150アカウントの運用代行実績を持っている企業です。

集客や採用に関する課題解決を得意としており、毎月2,000本以上の動画制作から得られる膨大なデータも基にしたコンテンツの企画力は圧巻です。

TikTokのアルゴリズムも熟知しており、正しい運用ノウハウを提供してもらえます。

特徴
  • 約150アカウントの運用代行実績
  • 毎月2,000本以上の動画制作から得られる膨大なデータも基にしたコンテンツの企画力
費用 要お問合せ
サービスページ https://mediaaid.co.jp/service/tiktok

おすすめ⑦:CARAFUL

出典:CARAFUL

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社8社目は、CARAFULです。

CARAFULは、TikTokとクリエイター育成についての公式マネジメント契約を結んでいる会社で、クリエイターを活用した商品開発や動画制作に強みを持っています。

所属するクリエイターは、各世代への圧倒的なリーチ力を持つインフルエンサーばかりで、

インフルエンサーを活用したPRはもちろん、商品・サービスの開発にも対応しています。

特徴
  • TikTokとクリエイター育成についての公式マネジメント契約を結んでいる
  • 商品・サービスの開発にも対応している
費用 要お問合せ
サービスページ https://www.caraful.co.jp/marketing

おすすめ⑧:DYM

出典:DYM

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社9社目は、DYMです。

主要事業であるWebマーケティングの知見を活かしたTikTok運用代行/コンサルティングを行っている会社です。

TikTok運用代行/コンサルティングを手掛ける会社の中では数少ない東証一部上場企業であり、TikTok以外にもInstagramの運用代行も展開しているため、総合的にSNSを強化したい方におすすめです。

特徴
  • TikTokの公認MCNとして契約している
  • クリエイターを起用した広告やインフルエンサーマーケティングに強みがある
費用 要お問合せ
サービスページ https://dym.asia/services/web-promotion/sns-consulting/

おすすめ⑨:Natee(ナティ)

Natee(ナティ)

出典:Natee(ナティ)

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社10社目は、Natee(ナティ)です。

Nateeは、TikTokの公認MCN(マルチチャンネルネットワーク)として契約を締結している会社です。

MCNとは、SNSのクリエイターやタレントをサポートし、コンテンツ制作、配信、著作権管理、収益化、営業などを総合的にサポートする組織のことを表します。

そのMCNのなかでも、NateeはTikTokクリエイターを起用した広告やインフルエンサーマーケティングに強みを持ち、Z世代向けのブランド創造支援にも対応しています。

特徴
  • TikTokの公認MCNとして契約している
  • クリエイターを起用した広告やインフルエンサーマーケティングに強みがある
費用 要お問合せ
サービスページ https://natee.jp/services/

おすすめ⑩:AtoOne

AtoOne(アトワン)

出典:AtoOne

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社11社目は、AtoOneです。

株式会社AtoOne が運営するTikTok運用代行サービス「Mteam(Mチーム)」では、TikTokの動画制作だけでなく、企画戦略・アカウント運用・効果測定など、TikTok運用に関するすべての業務をまるっと丸投げできます。

TikTok、YouTubeなどの動画SNSに特化したサービスで、3万本以上の制作実績・1200アカウント以上の運用実績をもとに業界、テーマやジャンル、目的にあったアカウント運営や企画や編集を提案してもらえます。

また、Webマーケティング全体から見たTikTokの立ち位置を考えた運用代行サービスを提供できる点が強みです。

特徴
  • 大手企業のマーケティング経験者や、TV業界・YouTube事務所出身のディレクター、受
    賞歴のあるクリエイター・編集者が在籍しているため、室の高いサービスの提供が可能。
  • TikTokとあわせてYouTubeの運用も可能。
  • キャスティングも含めたコラボやプロモーションの提案もしてもらえる
費用
  • ライトプラン:月額30万
  • スタンダードプラン:月額54万

※その他カスタマイズ可能(要お問合せ)

サービスページ https://mteam.jp/

おすすめ⑪:REHATCH

REHATCH

出典:REHATCH

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社12社目は、REHATCHです。

REHATCHはWebマーケティング全般に強みを持っている会社です。

データ分析を活用した効果的なコンサルティングで、戦略立案から運用まで一貫したTikTok運用を実行可能です。

また、インハウス化(内製化)支援にも定評があり、将来を見据えた総合的なサポートが期待できます。

特徴
  • 総合的なWebマーケティング支援が可能
  • インハウス化(内製化)支援に強みがある
費用 要お問合せ
サービスページ https://re-hatch.jp/service-marketing/

おすすめ⑫:リーディングコミュニケーション

出典:リーディングコミュニケーション

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社13社目は、リーディングコミュニケーションです。

リーディングコミュニケーションはTikTokと公式マネジメント契約を結んでおり、数多くの有名クリエイターを抱える会社です。

有名企業との取引実績も豊富で、自社クリエイターを起用した動画制作、アカウント運用、広告運用など、TikTokに関連するあらゆる支援をワンストップで行っています。

自社のノウハウを活かしてアカウントを急成長させた実績もあり、短期間で成果を出したい方におすすめです。

特徴
  • 自社で有名クリエイターを多数抱えている
  • 短期間での成果が期待できる
費用 要お問合せ
サービスページ https://www.le-commu.co.jp/business

おすすめ⑬:GROVE

出典:GROVE

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社14社目は、GROVEです。

GROVEは、「なえなの」や「パパラピーズ」などフォロワー100万人を超える有名インフルエンサー・クリエイターが在籍しており、SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングに強みを持っている会社です。

他のTikTok運用代行会社とは異なり、アカウントの運用代行よりもTikTokを活用したPR・タイアップ企画を行いたい方におすすめです。

特徴
  • 圧倒的に高い知名度を誇る有名インフルエンサーを活用できる
  • PR企画・タイアップ企画に強い
費用 要お問合せ
サービスページ https://grove.tokyo/service

おすすめ⑭:Neutral Works(ニュートラルワークス)

Neutral Works(ニュートラルワークス)

出典:Neutral Works(ニュートラルワークス)

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社15社目は、Neutral Works(ニュートラルワークス)です。

ニュートラルワークスはSNS運用に加えて、Webサイト制作、SEO対策、Web広告運用などデジタルマーケティングを全般的に手掛ける会社です。

そのため、TikTok専門の運用代行会社にはない、広い領域における知見を活かしたTikTok運用代行が特徴としており、戦略立案から動画制作、結果分析まで一括でのサポートにも対応しています。

また、高額になりがちなインフルエンサーの起用ではなく、広告運用の成功ノウハウを踏まえたコンテンツの企画・分析・改善力が強みのため、アカウントのフォロワー数やエンゲージメント率など、オーガニックパワーを高めることも可能です。

特徴
  • 総合的なWebマーケティング支援が可能
  • インフルエンサーに頼らない運用
費用 要お問合せ
サービスページ https://feriest.com/tiktok/

おすすめ⑮:Feriest(フェリエスト)

出典:Feriest(フェリエスト)

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社16社目は、Feriest(フェリエスト)です。

Feriestは「結果にこだわるTikTokクリエイティブ」を掲げており、運用後の成果獲得まで支援してくれるTikTok運用代行会社です。

アカウント設計から効果測定まで、一気通貫の支援を得意としています。

また、数多くの自社インフルエンサーを起用した質の高い動画制作を特徴とし、Tiktok運用に加えて、広告の制作・運用も依頼できるため、TikTokを通じた大幅な集客アップを目指せます。

特徴
  • 成果獲得まで支援してくれる
  • アカウント設計~効果測定まで一気通貫の支援
  • 自社で多数のインフルエンサーを抱えている
費用 要お問合せ
サービスページ https://feriest.com/tiktok/

おすすめ⑯:Union

Union

出典:Union

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社17社目は、Unionです。

UnionはTikTok広告運用を得意としており、広告運用代行と広告用動画制作の両方に対応している会社です。

専任のコンサルタントがデータによる最適なターゲティングが特徴で、運用効果の高いTikTok広告運用を実現できます。

また、薬機法、景品表示法、特定商取引法の知識も蓄積されており、炎上リスクを極限まで軽減しています。

特徴
  • TikTok広告運用代行と広告用動画制作の両方対応可能
  • 専任のコンサルタントによる最適なターゲティング
  • 薬機法、景品表示法、特定商取引法対策も万全
費用 要お問合せ
サービスページ https://union-company.jp/marketing_ads/

おすすめ⑰:フルスピード

フルスピード

出典:フルスピード

おすすめのTikTok運用代行/コンサル会社18社目は、フルスピードです。

株式会社フルスピードのTikTok運用では1,000件以上のSNS運用・広告運用実績で培ったノウハウを提供してもらえます。

また、ByteDance社と提携しているため、TikTokの仕様変更等の重要情報を素早くキャッチし共有してもらうことも可能です。

クライアントの状況を踏まえて、他社製ツールの導入が必要な場合も進言してもらえるため、「クライアンに最適なプラン提案」が魅力の会社です。

特徴
  • TikTokの運用設計から支援可能(業界調査/競合調査/自社分析/キーワード策定/目的・KPI設定など)
  • TikTokの動画撮影/進行の支援が可能(コンセプトや目的に合わせて様々な形式で動画制作が可能です)
  • TikTokの動画配信分析/改善の支援が可能(レポーティング)
費用
  • コンサルティングサポートパック(初期費用:250,000円、運用費用:200,000円/月、契約期間:6か月~)
  • ライティングサポートパック(初期費用:300,000円、運用費用:500,000円/月、契約期間:6か月~)
  • プレミアムサポートパック(初期費用:350,000円、運用費用:600,000円/月、契約期間:6か月~)
サービスページ https://growthseed.jp/service/sns-tiktok/

TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際の注意点

TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際には、いくつか注意すべき点があります。

ここでは、TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際の注意点を3つ紹介します。

注意点①:ステマは絶対に避ける

TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際の注意点1つ目は、ステマは絶対に避けることです。

ステマとは「ステルスマーケティング」の略で、それが宣伝であると消費者に気づかれないように宣伝を行うことを意味します。

このステマは消費者からの印象が非常に悪く、ステマを行っていると分かった瞬間に、一気に批判の的となってしまうのです。

昨今の消費者はステマに非常に敏感になっているため、自社の投稿がステマにならないかどうかは、運用代行と逐一確認しておく必要があります。

注意点②:配信禁止のジャンルを確認する

TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際の注意点2つ目は、配信禁止のジャンルを確認することです。

TikTokはギャンブルやアダルト、アルコール、タバコなど、特定のジャンルの広告を禁止しているため、違反する広告はそもそもTikTokに掲載ができません。

また、これは投稿動画にも当てはまるため、禁止コンテンツを投稿すると動画が自動的に削除される可能性もあります。

そのため、運用代行会社と相談して、動画や広告が配信禁止のジャンルではないかを確認しておきましょう。

注意点③:KPIを明確に設定する

TikTok運用代行/コンサル会社を選ぶ際の注意点3つ目は、KPIを明確に設定することです。

TikTokを運用するのであれば、「商品を売りたい」のか、「フォロワーを増やして認知を高めたい」のか、自社のKPIはあらかじめ設定しておく必要があります。

そうしなければ、運用代行を担当する側も「この会社はどういう部分に課題を感じていて、どういう目的があるのか」を把握できず、中途半端な支援で終わってしまうことにもなりかねません。

もしも「KPIの設定方法がわからない」というのであれば、運用代行会社にそのように伝えれば、KPI設定から協力してもらえます。

TikTok運用代行/コンサルに関するよくある質問

ここからは、TikTok運用代行/コンサルに関するよくある質問を紹介します。

質問①:個人やフリーランスに依頼するのはアリですか?

個人やフリーランスで一定の結果を残している人であれば任せるのはアリです。しかし、個人やフリーランスは基本的に一人で活動しているため、企業と比べるとどうしてもサポート体制で劣るのは事実です。

もちろん、運用代行会社に依頼するよりも個人やフリーランスに依頼するほうが費用が安くすむこともありますが、それで結果が出なければ「結局、企業に依頼する方が安かった」ということにもなりかねません。

ですので、圧倒的な実績を残している個人やフリーランスでなければ、運用代行会社を利用するほうが無難です。

質問②:運用代行/コンサルに依頼すれば必ず成果は出ますか?

結論から言えば、必ずしも成果が出るとは限りません。

なぜなら、TikTokにも「伸びやすいジャンル」と「伸びにくいジャンル」があり、後者の場合「そもそもTikTokの利用者層に合っていない」という可能性もあるからです。

ですが、TikTok運用代行会社の多くは、各社が独自の強みを活かして運用を行ってくれるため、自社で運用するよりも成果が出る可能性が高いのは間違いありません。

もしも投稿したいジャンルが決まっているのであれば、まずはそのジャンルが伸びやすいかどうかだけでも運用代行会社に問い合わせてみてもいいでしょう。

質問③:料金を安くすることはできますか?

企業によっては、長期契約で料金がお得になる場合もありますが、基本的に料金の値引きはないと考えておくべきです。

いい商品の値段が高いように、手厚い支援にはそれ相応の対価を支払わなければなりません。

もしも予算に余裕がないのであれば、まずは比較的お手頃なコンサルティングプランからはじめてみてはいかがでしょうか。

まとめ:運用代行/コンサル会社を上手く活用してTikTokを伸ばそう

今回はおすすめのTikTok運用代行/コンサル会社を紹介しました。

本記事を参考にして、ぜひ成果の出るTikTok運用を実施してみてください。

また、Epaceは過去200社以上のSNSマーケティング支援で積み上げてきたTikTok運用のノウハウを活かし、投稿の作成、運用、内製化支援、詳細な結果分析までの総合提案を得意としておりお客様のご要望に合わせて柔軟に運用のご支援をいたします。

「TikTok運用代行を検討している」、「TikTokがなかなか伸びない」など、TikTok運用に関するお悩みなどがありましたらぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介

法政大学法学部卒業。
大学在学中に動画マーケティング会社でYouTubeやTikTokの運用代行やオウンドメディアの構築、ライバー事業でライバーの育成・支援やインフルエンサーマーケティングを経験し、株式会社Epaceを創業。SNSの中でも特にYouTubeを得意とし、これまで上場企業や芸能人までジャンルを問わずSNSマーケティングを手がける。情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教員、一般社団法人インフルエンサー連盟SNS運用部門理事。

Epaceがわかる会社概要・支援実績資料セット

    会社名

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    メルマガ登録

    マーケティング施策別・業界別に役立つメソッドをはじめとして、
    セミナー開催情報、支援事例などをお届けします。