お客様の課題例

  • 参入企業が少ないのでチャレンジしたいが戦略の立て方がわからない
  • 企画や脚本の作り方、どの広告を選べば良いかわからない
  • 採用に使いたいがブランディングの仕方がわからない
  • 自社がTikTokのユーザー層に対して、適した企業なのかわからない
  • そもそも他のSNSと比べて優位性がわからない
  • インフルエンサーの活用法がわからない
その貴重なお客様の声、
Epaceがお応えします。

Tiktokが
優れていること

TikTokは「ショートムービー」の制作・投稿に特化したスマホ向け動画プラットフォームであり、ユーザー人口は全世界で8億人、国内で1000万人を超えると言われています。全てのSNS媒体でショートムービーの波が到来しており、数あるSNSの中でも「最も勢いのある媒体」と言えます。

#スマホ向けショート動画
#月間国内利用950万人
#最も勢いのあるSNS

Tiktokの特徴

01
TikTokの特徴 その1

潜在層にリーチ可能な
究極の受動的SNSツール

TikTokは視聴側の趣味・嗜好をAIが分析し、おすすめ表示が勝手に流れてきます。従来のように検索することなく興味・関心の高いコンテンツを潜在層にリーチのできる「究極の受動的SNSツール」と言えます。

また、TwitterやInstagramなどのフォロワーのみのリーチではなく、常に興味・関心の高いユーザーにレコメンドされることで、ユーザーからユーザーへと網目状で拡散していくことが特徴です。
02
TikTokの特徴 その2

他社と差をつける
採用活動の新たな選択肢

採用活動は市場の変化がとても激しく、利用するツールは常にアップデートが為されていますが、TikTokを採用活動に活用する企業はまだ少数派です。

求人広告や求人サイトに掲載するよりも、TikTokではより詳細に「企業や社員のリアル」を伝えることが出来ます。 またショートムービーであるため視聴ハードルが低く、より多くの方に視聴していただきやすくなります。
03
TikTokの特徴 その3

企業への導入は
マーケティングを有利に

toC向けのエンタメサービスとしての認識が目立ち、TwitterやInstagramと比較しても、TikTokを上手く活用出来ている企業は多くありません。 特徴であるショートムービーは長くても1分程の尺であるため、参入障壁が低く新規参入が増えても飽和しづらく、競合他社が少ない現状では大きな先行者利益が見込まれ、マーケティングとして有利に働きます。

Epaceの強み

01
Epaceの強み その1

高度なデータ分析と
リスク回避で安心の運用体制

投稿時間や曜日、フォロー数、インプレッションなど、細かくデータ分析を行いPDCAサイクルを回しながらアカウントを育成していきます。
また、炎上リスクに細心の注意を払い安心して運用できる体制を構築しています。
02
Epaceの強み その2

目的や状況に応じて選択できる
充実したプラン

BtoB出身のマーケターの知見も活かし、運用開始から1年以内に内製化させた事例やエージェントに莫大な採用費用をかけていた企業がエージェントを利用せずに自社アカウントから採用できるようになった事例が多数。
03
Epaceの強み その3

動画制作だけに留まらない
総合的なサポート

撮影や編集はもちろん、某有名TikTokerによる企画や台本のフィードバック、TikToker本人のアカウントからPR動画を投稿するなど、動画制作だけに留まらない多方面から最適なプランをご提案いたします。

実例集

実例01

美容クリニック様

クリニック内でSNSのノウハウがたまり運用開始から半年後には自社で企画やクリエイティブ作成、時には台本作成までをできるまでに成長されました。
美容クリニック様

運用開始から1年でフォロワー数14万人達成

お問い合わせ件数5倍に増加

公式LINEアカウント登録者数3万人増加

求人の問い合わせが急増し、4名の採用に成功

課題と解決策

課題

  • 開業4年目にして、店舗拡大の為の採用を図るが通常の人材募集では思うように人員が集まらない。
  • 医療脱毛はトラブルの多い美容エステ脱毛と混同されることが多く、魅力を思うように伝えきれていない状況が続いている。

解決策

  • 競合他社がまだあまり取り入れていなかったTikTokを使い、医療脱毛とエステ脱毛の違いを細かく発信。
  • TikTokからInstagramのほうにもフォロワーが流入し、実際に医療脱毛とエステ脱毛どちらも体験したインフルエンサーを数名起用し、インスタライブを開いて視聴者の質問に回答したり、職場の雰囲気や実際に施術する際の流れなども公開して、他媒体を含めた視聴者との距離感を意識した設計で運用。
実例02

投資用不動産会社様

SNSマーケティングだけでなくデジタル人材の少ない会社様でしたが、運用にも慣れ、運用開始から半年後には自社で企画やクリエイティブ作成をできるまでに成長。
投資用不動産会社様

運用開始から年で

お問い合わせ件数が10倍に増加

オフラインイベントの集客も運用開始前に比べ
5倍に増加

課題と解決策

課題

  • 大手企業との競争が厳しく、中小企業の柔軟性を生かした独自のプロモーションが必須となっているが確立に至っていない。
  • 海外の方にリーチを行いたいが発信手段がわからず、広告費を無駄にした経験がある。

解決策

  • 海外の方向けにも利用しやすいTikTokを利用し、中国本土にいる日本の不動産投資に興味のある中国の方や日本在住、その他日本以外の海外にいる日本の不動産に興味のある中国の方を主なターゲットとして発信。
  • 中国語の翻訳や実際に投資用不動産を購入した実績のある中国人のインフルエンサーの起用にも力を入れ、オフラインイベントの開催や物件内覧会などの施策につなげるための導線を用意しました。

Tiktok運用の流れ

無料相談

無料相談

・ヒアリング
・アカウント構築目的
・今後の戦略
初期リサーチ&分析

初期リサーチ&分析

・市場/競合分析
・ターゲット分析
ご提案&お見積り

ご提案&お見積り

・全体戦略設定
・コンセプト設計
・KGI/KPI設定
・スケジュール設定
企画&制作

企画&制作

・企画案のすり合わせ
・クリエイティブ制作
・撮影/編集
運用実施

運用実施

・コメント確認
・システムチェック
効果測定

効果測定

・数値分析
・KGI/KPI達成
・ターゲットに届いているか
・月次レポート
改善

改善

・改善点の洗い出し
・改善案策定
目標達成へ

目標達成へ

・ネクスト施策考案
・運用安定施策

Epaceでは、「無料相談」から「目標達成」まで全行程が対応可能領域であるのは勿論のこと、目標達成を完了した後でも思考を止めることなく、更に上の目標を目指し続けるPDCAサイクルの継続を重視しています。

通常「無料相談」から「ご提案&お見積り」まで約10日~2週間程で行わせていただきます。SNSマーケティングをやるかどうか迷っているという段階でも全く構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お申込みから運用代行開始までの流れを教えてください。

お申し込み後に担当者が運用する上でのヒアリングをさせていただきます。次いで、TikTok運用目的(お問い合わせを増やしたいなど)に合わせて、貴社のレギュレーション(ブランド上の制約など)をお伺いした上で、市場分析を行い、ご提案させていただきます。
お申込みからご提案まで約10日間の期間をいただいております。

撮影は自社で行うので、企画や台本作成のみご依頼することは可能ですか?

ご対応可能です。
企画や台本作成に限らず、編集のみやインフルエンサータイアップのみなど、制作工程の一部分のみお受けすることも可能です。

将来的に内製化したいのでノウハウを教えて欲しいが可能ですか?

運用代行をしながら、運用のノウハウを貴社ご担当者様にお伝えしながら引き継ぐことも可能です。半年間ほどで企画やクリエイティブ制作を内製化させて頂いた実績も多数ございます。

遠方からのご依頼は可能ですか?

ご対応可能です。
弊社は東京に立地していますが日本全国どちらでも承っております。オンライン上での打ち合わせを実施していますので、時間を効率的にお使いいただけます。対面での打ち合わせも可能ですので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。