Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

教室集客をInstagramで効果的に|運用のコツや注意点

教室集客をInstagramで効果的に|運用のコツや注意点<

ヨガやピラティス、英語や水泳、楽器など、レッスン教室を開催しているあなたは、Instagramを活用していますか。Instagrmは有効に使うと教室に高い集客効果を発揮してくれます。

今回は、インスタを使った集客の具体的な方法や、上手く集客に使えている事例をご紹介します。

 

教室の集客にInstagram(インスタグラム)を使うメリット

教室の集客には、ポスティングやWEB広告の出稿など様々なものがあります。その集客方法ごとのメリットやデメリットを理解しておくことで、ご自身の教室にあった集客方法を選ぶことができます。

 

ポスティングとインスタの比較の違い

ポスティングとインスタの比較をお伝えします。相場は1枚3~5円前後として、10万世帯に配ろうとすると1回30万円〜50万円となります。

10万世帯に配布し、そのうち実際に見込み客のユーザーは、10%程度と予想すると、30〜50万円の広告費で約1万リーチくらいと見込めます。そのなかでチラシを見る人で考えるとさらに数は小さくなります。

一方でインスタは手法や運用内容によって差はありますが、見込み客のユーザー10万人にリーチしようとすると20〜30万円程度で可能です。これをみると、インスタのネットの広告のほうが10倍程度効率的であることが予想されます。

 

WEB媒体とインスタの比較の違い

WEB媒体は、教室のジャンルによって異なるため一概には言えませんが、例えば塾の場合は1人あたりの成果報酬5万円前後が相場のようです。

インスタで広告を打つ場合、5万円の広告費であれば、10万〜15万人のユーザーにリーチが可能です。その中で1%がクリック、クリックしてくれた中で1%が体験申込、さらにその30%が入塾をしてくれたとします。

この場合成果としては、3-5人となり単純に比較しても3-5倍程度の効率といえます。

既存の集客記事との違いをご理解いただいたところで、さらにインスタに絞ってメリットを紹介していきます。

教室の集客にインスタを使うメリットは大きく分けて下記の3つです。

  • 新しい集客経路になる
  • インスタからホームページに流入
  • インスタで連絡が取れる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

新しい集客経路になる

月間アクティブユーザー数が多く、すき間時間にチェックしたり、購入を検討しているときに活用されたりすることが多いInstagram。このSNSを用いることで、既存の経路と異なる新しい見込み顧客の集客経路として、開拓することができます。

特にミレニアル世代やZ世代では、Google検索ではなくinstagramやtwitter、TiktokなどのSNSを単なる友達とのコミュニケーションツール以外に情報検索ツールとしても上手く活用しています。

参照:ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く(株式会社ジャストシステム)

例えばお店探しや旅行先、旅行スポット、ファッション、ネイル、化粧品、髪型などをYahoo!やGoogleからではなくinstagramから情報を得えたり、twitterでは主にタイムリーな情報を得るときなどに使用されています。

こうした背景にはSNS上で繋がる身近な友達、趣味趣向の合う知り合いからのクチコミが大きな影響力を持っているからこそであることが分かります。

特にインスタは20-40代の女性が利用数は高く、これらの年代をターゲットにしたサービスや商材をメインにしている企業にとっては相性が良いかもしれません。

インスタからホームページに流入

インスタグラムはプロフィールにURLを設置することができるため、自社のホームページへの流入経路になりやすいです。

自社のインスタグラム投稿に興味を示したユーザーが、より詳しい情報を知りたいと思い、ホームページへ流入するという流れを作ることができます。

 

インスタで連絡が取れる

インスタグラムは連絡方法の手段として用いることができます。

インスタグラムのプロフィールには電話番号やDMを設置することができます。興味を持ったユーザーが直接連絡を取ることができ、気軽に教室に連絡を取れます。

簡単に連絡を取ることができる機能があることで、ユーザー側から気軽に問い合わせやすくなり、教室の集客につながりやすいです。

 

教室の集客でInstagram(インスタグラム)を運用する時のコツ

いざ教室の集客をインスタで行おうとしても、なかなか成果を挙げられないことがあります。インスタで集客を行う際のコツを知ることで、成果を上げやすくなります。

ここでは教室集客を目的に、インスタグラム運用を行う際のコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

ターゲットの選定

インスタグラム運用をする時に初めにやることは、どんなユーザーを集客したいのかを決めることです。

ただインスタグラムを、娯楽として楽しむ方もいますが、集客をするにはそうでは行きません。自身が対象としている顧客が自ら検索をして、自分のアカウントにたどり着いてもらわなければ、集客には繋がりません。

自身がどんなユーザーを集客したいのかを選定しましょう。

 

ターゲットの悩みをリサーチする

ターゲットを選定すると次に行うことは、ターゲットの悩みに関してリサーチを行います。リサーチを通じてユーザーの悩みを解決したり、解決できるイメージが得られるようなコンテンツを固めることができます。

例えばターゲットが、ギターを独学で学んでいる人だとします。リサーチでは直接ターゲットの方にヒアリングしてもいいですし、Youtube等で近い方を探してもいいかもしれません。悩みを聞いたり、考えてみることで悩みを具体化していきましょう。

このようにしてリサーチした悩みを解決もしくは、解決できるようなイメージを与えられるようなコンテンツを作成すると良いでしょう。このコンテンツを見たユーザーは、自分の問題を解決してくれるアカウントだと感じてファンになってくれるかもしれません。

 

動画を活用する

動画を活用して、教室で教えているポイントやコツ、教室の雰囲気を伝えましょう。

動画は、視覚に訴えることができ、抽象的なイメージも直感的に理解しやすいという特徴があります。

さらに、文字や画像と比べると音や動き、時間軸という要素も含まれており、画像だけよりも遥かに多くの情報を瞬時に視聴者に届けることができます。そのため、複雑な内容でも短時間に分かりやすく伝達でき、視聴者とのスムーズなコミュニケーションが実現します。

例えば、教室の雰囲気や普段のレッスンの様子や、お客様の口コミを動画にして公開してみましょう。具体的には下記で説明していきます。

 

レッスンの様子を投稿する

ユーザーの中には「ついていけるかわからない」「他の生徒はどんな人がいるのだろう」と、不安を感じる方もいらっしゃいます。そこで、レッスンの様子を投稿することで、教室への理解が深まり、集客につながりやすいです。

インスタのストーリーを使って教室のオフショットのような雰囲気の投稿をすることで、ユーザーに教室への親近感を持たせることができます。こんな雰囲気なら行ってみたいと思い、ユーザーに興味を持たれます。

 

教室の集客でInstagram(インスタグラム)を運用する時のコツ

英語教室のアカウント事例:NOVA

参照:@nova_official_insta
(
https://www.instagram.com/nova_official_insta/)

NOVAのインスタグラムは、CMでもお馴染みのNOVAうさぎが頻繁に登場します。ターゲットが子供に向けたものだということがはっきりわかります。

企業のInstagram公式アカウントでは、自社の商品・サービスの宣伝に終始してしまいがち。ビジネス臭の強い企業アカウントを訪れたユーザーは、興味関心を抱くことなく、アカウントを離れてしまうことが多いです。

NOVAでは、このかわいいキャラクターを押し出すことで、子供から親しみやすい印象を与えています。逆に大人向けの投稿は、ほとんどありませんでした。自社のターゲットにしている子供の興味関心を削がないような意図を感じます。

特に商材が子供をターゲットにしたものである場合、NOVAのようにユーザーが楽しめるようなコンテンツを発信することを意識してみてはいかがでしょうか。

 

ヨガ教室のアカウント事例:LAVA

参照:@lavayoga_official
(
https://www.instagram.com/lavayoga_official/)

ホットヨガスタジオLAVAのインスタグラムは、ヨガの様子だけではなく、オンラインヨガ配信サービス「うちヨガ+」や、ヨガグッズに関する情報を多く投稿しています。

特に現在は、ECサイト上で使えるクーポンやライブ配信に関する情報をユーザーに対して注力しており、ユーザーからの好評を多く集めています。

クーポンでは、ヨガのグッズや健康食品の取り扱いが多く、自社のサービスへのフックになったり、継続的に消費される商材がメインとなっています。こうした比較的少額の商品をきっかけに、ヨガに対するハードルを下げる印象を受けました。

加えてライブ配信では、自社のインストラクターだけではなく、他の健康・フィットネス系のインフルエンサーとコラボをすることによって、配信への集客と自社アカウントのフォロワー獲得が見込めます。また無料配信とすることで「うちヨガ+」に近いイメージを体験してもらい、集客に繋がります。

現在はWEBサービスへの集客でしたが、キャンペーンや配信など、定期的にお得な企画を行ってフォロワーに有益と感じてもらえれば、スタジオへ訪問してもらう導線になり得ます。ヨガ教室集客の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ダンス教室のアカウント事例:DANCE WORKS

参照:@danceworks_jpn
(
https://www.instagram.com/danceworks_jpn/)

ダンスのDANCE WORKSのインスタグラムは、レッスンやイベントといったダンスに関する情報を投稿しています。

経験者専門のスクールで、経験者に絞り込んだマニアックな情報まで記載しており、ターゲットを絞り込んでいる印象を受けました。

またグリッド投稿が多く利用されている点が大きな特徴といえます。おしゃれなアカウント感を演出し、エンゲージメントを高めるようにしています。キャンペーンやイベントの告知を見逃しにくい効果もあります。

グリッド投稿とは、一枚一枚の写真を連続で投稿することでホーム画面で一枚の大きな写真を作る事です。パッと見た時のインパクトを与えることを意識したテクニックを使用した事例です。

 

学習塾のアカウント事例:KUMON

参照:@kumon_jp_official
(
https://www.instagram.com/kumon_jp_official/)

公文式教育で有名な学習塾のKUMONのアカウントは、子供の教育や学習に関する情報を投稿しています。

親から子供に、どのように接してあげると良いかといった教育熱心な親に向けた投稿が多い印象を受けました。

また、他のInstagramアカウントが投稿した内容と同じものを自身のアカウントで再投稿する「リポスト」を多用している特徴があります。具体的には、下記のような流れです。

  1. ユーザーは「#kumonfriends」などのKUMONに関するハッシュタグをつけて投稿
  2. KUMON側は、ハッシュタグ検索で自社に関する他ユーザーのインスタ投稿を発見
  3. リポストにより公式Instagramアカウントからの紹介

これにより、自社に関する投稿が増えるとともに、自社のインスタアカウントでも紹介してコンテンツを拡充するという運用が可能となります。

リポストを活用することで、ユーザー目線のビジネス臭が少ないインスタアカウント運用を行うことができるので、子供向けの習い事に限らずインスタアカウント運用におすすめのテクニックです。

 

Instagram集客のご相談はEpaceへ

教室集客をインスタで始めようとしている人は、本記事で紹介したポイントを活用してみましょう。すぐに結果が出るものではないので、日々のアカウント運用に織り交ぜていけるといいですね。

Epaceでは積み上げてきたSNS集客のノウハウを使い、お客様にあったツールの選択から、投稿の作成、運用、細かい分析まで行い運用の支援を致します。

SNS集客を効率的に成功させたい、運用に困っているなどありましたらぜひお問合せください。

 

お問い合わせはこちら

 

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。