Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

Instagramのリールは集客に効果ある? 集客効果アップのコツを解説

Instagramのリールは集客に効果ある? 集客効果アップのコツを解説<

インスタグラム上で、2020年8月より登場したのが動画共有機能を持つ「リール」。

専用の閲覧タブも誕生し、写真投稿のアプリから動画投稿へ特化をするという大きな変化がありました。突如誕生したこの機能に、戸惑っている方もいるのではないでしょうか。実際「リールの使い方がよく分からず、使いこなせない。」という声もしばしばあります。

今回は、リール初心者に向けて、リールの説明と効果的な使い方と事例などをご紹介します。

 

Instagram(インスタグラム)のリールは集客に効果あり

リール機能は、集客において通常投稿より、拡散能力に優れています。動画再生が1時間で2万再生する成功事例もあるほど。現時点では、動画流入率がアップする集客のブースター機能だと言えるでしょう。

 

そもそもリール機能って?

リール機能とは、動画共有機能のひとつであり、最大で15〜60秒の動画を作成することができます。動画作成においては、TikTokと近く、クリエイティブツールとして様々な編集をすることができます。例えば、BGMやARカメラエフェクト、テキストやスタンプなどの基本的な編集機能があります。

インスタグラム社によると、「流行のダンスに挑戦する、興味を持っているテーマについて伝えるなど、動画を通じて他の利用者を楽しませながら、新しい方法で自分を表現することができます。」とのこと。

クリエイティブを生み出すものとして、よりよい動画を追求するショートムービー機能として期待されています。また、発見タブにも表示されると同時に、リール動画の方が画面の占有率が高く、自分のフォロワー以外にも投稿を見てもらえるというのが大きな特徴です。

「ストーリーでは短すぎだが、ビデオにすると長い…」という方にオススメです。

端的に言うと、リールとは「拡散性がある消えないストーリー」なのです。

 

Instagram(インスタグラム)のリールの投稿方法

リールでは、感覚的に投稿が出来るようになっています。写真をつなぎ合わせることはできないのですが、保存されている動画を編集することは可能です。リールで動画を作成する方法と、投稿方法を保存します。

 

1.右上にある四角の中にあるプラスのマークをタップ。

@sqyu_12345
(
https://www.instagram.com/sqyu_12345/)

「投稿」「ストーリーズ」「リール」「ライブ」など作成ができる一覧が出現するので、リールを選択をすると画面が変更されます。

 

2.設定を行う

参考リンク:https://lab.kutikomi.com/news/2021/02/09/Instagramreels/

撮影する前に、左に出現するアイコンで設定を行いましょう。

  • Length(長さ)…15秒、30秒、60秒を選択
  • BGM…ミュージックライブラリから音楽を選択。使用したい楽曲のシーンも抜き出すことができます。
  • 速度…動画スピードを5段階で変更できます。
  • エフェクト…様々なARエフェクトが内蔵されており、追加できます。
  • タイマー…動画1クリップの撮影時間を設定。複数カットを撮影する際に用いられます。

また、他に動画を一つ以上撮影すると出現するのが「位置合わせ」の機能。

前回の動画が背景のように浮かび上がり、位置合わせのサポートになります。「一週間コーデ」や「物撮りの変化」などで使われることがあるようです。

 

3.投稿をする

動画が完成すると、通常投稿のように「本文」を記入する画面に移ります。ハッシュタグなどもつけられるので、発見タブの上位に上がることができるように、工夫してみましょう。

また、ストーリーと異なる点が「サムネイルの設定」です。

通常投稿とともに並べられるので、世界観を意識して統一感のあるカバーを設定するのがオススメです。

 

リールが集客に効果がある理由

既存動画投稿機能として、ストーリーやIGTVがありますが、投稿先が複数あるというのがリールの最大の特徴となっています。現在の投稿先は6箇所です。

 

・フィード(タイムライン)

 

・ストーリーのように動画を投稿(15秒まで)

 

・プロフィール画面のタブ

 

・プロフィールのFeedタブ

 

・リール画面(公開画面の場合)

 

・検索タブの表示(公開画面の場合)

画像:インスタグラムの「リール」とは? 使い方や注意点、編集テクまとめ | アプリオ

投稿したリールは、フォロワー以外にも表示されるため、動画機能の中で最もコンテンツを届けやすいと言えるでしょう。新たなフォロワーを獲得しやすくなっています。

15秒以内で終わってしまうストーリーと最大60分の投稿ができるビデオは、ファンとの結びつきを強めていくものとして使用。リールは、ファンを増やすものとして使い分けをすると良いかもしれません。

また、インスタグラムは2021年6月から、リール広告の提供の発表を行いました。リールにインスタグラムのショッピングタグを付けることができるため、動画からそのままECサイトへ誘導することも可能になりました。

インスタグラムの中の広告は、従来の広告のイメージであった煩わしいものから脱却し「好きなブランドを発見するもの」として自然な形でユーザーから受け入れられているようです。

参考:

Instagram、短尺動画を作成・発見できる新機能「リール」を発表(Meta)

インスタ リール5つのSTEPを徹底解説!!(Insta Lab)

インスタグラムの「リール」とは? 使い方や注意点、編集テクまとめ(appllio)

Instagram、リール広告の提供開始を発表(Meta)

 

Instagram(インスタグラム)で集客をするためのリールの効果的な使い方

リールの投稿時に、意識すべき5つのポイントをご紹介します。商品ブランドに関心が持ちやすいリールを意識していきましょう。

  • サムネイル作成方法は、意図に応じて使い分けよう
  • 音楽はブランド雰囲気に合わせる
  • 商品やサービスのイメージがつくような動画を制作
  • キャプション(テキスト)は画像の補足情報のイメージで
  • 投稿内容に関連のあるハッシュタグを設定

 

サムネイル作成方法は、意図に応じて使い分けよう

サムネイル(リールカバー)は、いわば表紙のようなもの。ユーザーは、多くのコンテンツの中から、タイトルとサムネイルをみて再生するかどうかを判断します。

そのため、見たいと思わせるためにインパクトのあるサムネイルにしていきましょう。

サムネイルの設定は、リール動画の切り取りと、作った画像の二種類から選択することができます。動きが大きい動画などは、静止画として画質を重視したものを選ぶと良いです。

参照:@jleaguejp
(
https://www.instagram.com/reel/CGRtRQWAKhP/)

サムネイルで再生回数が増えたものとして、遊び心がある仕掛けがあるとタップしやすいです。例えば、Jリーグの公式アカウントでは、リール上で、出場チームのルーレットを作成しています。この動画は44万回以上再生され、拡散されました。

 

音楽はブランド雰囲気に合わせる

リールを投稿する上で欠かせない要素が音楽です。ショートムービーとして、飽きさせない工夫をすることが必要です。

通常、個人の投稿であれば好きな音楽を自由に選ぶことができますが、企業アカウントでは、著作権の観点から楽曲を使用できない場合もあります。その場合、オリジナルソングも挿入が出来るので、別途用意しましょう。

インスタグラムはあくまでも統一性が大事。音楽もイメージからずれないようにしていきましょう。

 

商品やサービスのイメージがつくような動画を制作

動画として有効なのが、新商品やサービスを様々な角度から紹介する動画です。

短尺動画には、工夫次第で新しい表現が生まれるのでアイデア力が必要になります。

取り組みやすいのが、ハウツー系です。ファッションアカウントの神戸レタスさんは、マフラーの巻き方を説明するリールを投稿しています。情報収集に役立つ投稿は、再生回数が伸びる傾向があるので、参考にしてみてください。

参照:@kobe_lettuce
(
https://www.instagram.com/reel/CGzT1laANLY/)

 

キャプション(テキスト)は画像の補足情報のイメージで

通常投稿であれば、長いテキストでもユーザーは読む傾向がありましたが、リールだと長いと離脱されやすくなってしまいます。動画がすぐに終わるため、情報を詰め込みすぎて見にくくなってしまうからです。文章や言葉での説明が必要な商材には不向きと思われます。

あくまでも画像の補足であるイメージで書きましょう。

 

投稿内容に関連のあるハッシュタグを設定

ハッシュタグには、

  • 検索によるユーザー流入
  • 同時ハッシュタグを多数のユーザーに使用してもらい、認知度を高める
  • ハッシュタグフォロー機能によるユーザー流入

など集客の効果が見込まれます。インスタグラムは、ユーザーの興味のあるものを直接検索にかけていきます。投稿内容とハッシュタグがマッチしているほど、ユーザーがファンになる確率が高くなり、いいねや保存、フォローのアクションにつながっていきます。

リール投稿時にも忘れずに、ハッシュタグを設定しましょう。

参考:

インスタグラム(Instagram)の新機能!「リール」を使った売上アップのコツとは (Base u)

企業公式Instagramのリール活用法4選(OWNLY)

 

Instagram(インスタグラム)のリールで集客をしている事例

ここまで、インスタグラムのリールの説明や、使い方を説明しました。実際に、インスタグラムのリールで効果的に集客に結び付けている企業をみてみましょう。

 

DELISH KITCHEN

参照:@delishkitchen.tv
(
https://www.instagram.com/delishkitchen.tv/)

DELISH KITCHENは、料理レシピアカウントとして毎日献立を投稿しています。

そのフォロワー数は、430万以上で日本で一番のレシピ数だと言われています。

動画とテキストの両方で、料理の工程を説明してくれるので理解がしやすいです。

また、通常投稿の動画と異なるのが、タップすると一時保存一時停止が出来る点です。

料理の工程が分からなくなっても、一時停止が出来るのでリール機能と相性がよいものといえるでしょう。

 

LOREN+ 

参照:@lorensalon_plus
(
https://www.instagram.com/lorensalon_plus/)

LOREN+は、名古屋駅にある美容院です。オープン広告として、ヘアモデルの特別感ある演出のリール投稿は、1000人以下のフォロワーにも関わらず1万回以上の再生まで伸びました。フォロワー数が少ないにも関わらず10倍以上のリーチができているのは、リールならではといえるでしょう。短い動画には、二人のモデルの撮影風動画に、おしゃれな雰囲気の楽曲。これだけで、有名なスタイリストさんが在籍しているおしゃれな美容院であるということが感じられる動画になっています。

リールは、このように美容院アカウントにも適しています。ヘアサロンとも相性がよく、ヘアカラーの色味や質感、艶などが分かりやすいため、ユーザーに視聴されやすいものになっています。

 

ななや京都三条店

参照:@nanaya_kyoto
(
https://www.instagram.com/nanaya_kyoto/?hl=ja)

ななや京都三条店は、丸七製茶が手掛ける「#世界一濃い抹茶ジェラート」「#ななや」の京都三条店公式インスタグラムです。フォロワー数は6000人ほどですが、リール投稿では、どれも1万以上もの再生が記録されています。最も伸びた投稿は、アイスクリームを店員がコーンに盛り付けるリールです。

参照:https://www.instagram.com/reel/CF3VKtJAmhi/

海外ユーザーにも視聴され、22万回再生を突破しています。一見すると普通のアイスを盛り付ける動画に見えますが、完成するまでの様子が食欲をそそられるリールです。

 

Instagram集客のご相談はEpaceへ

いかがだったでしょうか。インスタのリール機能は、広告機能がつくなどビジネスとの相性もよく、インスタグラム社としても力をいれているものです。拡散能力も高いので、通常投稿に加えて、認知拡大を狙う施策として活用していきましょう。

Epaceは積み上げてきたInstagram集客のノウハウを使い、お客様にあったツールの選択から、投稿の作成、運用、細かい分析まで行い運用の支援を致します。

Instagram集客を効率的に成功させたい、運用に困っているなどありましたらぜひお問合せください。

 

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。