Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

【バズる】TikTokプロモートとは?期待できる効果,やり方も

「TikTokのフォロワーを増やしたい」「投稿した動画を多くの人に見てもらいたい」と考えている方にオススメするのがTikTokのプロモート機能です。

TikTokプロモートは他の広告と違い、低額で始められることに加え、ターゲットを細かく絞って出稿できる広告ツールの1つです。

本記事では、TikTokプロモートの概要や使い方、期待できる効果などについて紹介します。

TikTokプロモートを導入したい企業の広報担当の方や個人事業主の方はぜひ参考にしてください。

 

TikTok運用・広告に関するお悩みは株式会社Epaceにご相談ください。

 

株式会社EpaceではTikTokの運用・広告に関する無料相談を行っております。

  • 無料相談でできること
  • TikTokに関するお悩み相談(なんでもOK)
  • 業界ごとのTikTok運用・広告の事例紹介
  • TikTokで得られる成果のシミュレーション

これまで200社以上の実績があり、SNSマーケティングに特化しているからこそのノウハウや情報もお伝えできますので、お気軽にお問合せください。

無料相談はこちら▶︎

TikTokのプロモート機能とは?

TikTokプロモート機能

TikTokのプロモート機能とは、TikTokに投稿した動画をユーザーのおすすめ欄に優先的に表示できる広告機能です。

TikTokのプロモート機能を活用することで、投稿した動画の閲覧数を伸ばしたりフォロワーを増やしたりすることができます。

また、TikTokのプロモート機能は全ユーザーのTikTokアカウントで始めることができるため、企業や個人アカウント問わず利用することが可能です。

TikTokプロモートで期待できる効果

TikTokプロモート機能

続いて、TikTokプロモートで期待できる効果を3つ解説します。

効果①:商品・サービスの認知獲得から購買まで完結できる

TikTokプロモートで期待できる効果の1つ目は、商品・サービスの認知獲得から購買まで完結できることです。

TikTokプロモートは情報を優先的に伝えたい相手を設定できるため、認知獲得が目的の際はターゲットのユーザー層を広く、購買が目的の際はコンバージョンにつながりやすいユーザー層に集中して配信設定することで、効率よくユーザーにアプローチすることができます。

効果②:フォロワーの獲得

TikTokプロモートで期待できる効果の2つ目は、フォロワーの獲得です。

TikTokプロモートを活用して、ターゲットの望むコンテンツを表示させることが出来れば、動画元のアカウントに興味を持ってもらうことができ、フォロワーの獲得につながります。

効果③:外部サイトへの流入増加

TikTokプロモートで期待できる効果の3つ目は、外部サイトへの流入増加です。

TikTokプロモートで多くのユーザにコンテンツを届ける事ができれば、興味を持ったユーザーが、動画元のアカウントのプロフィールをチェックしてくれる事があります。

投稿する動画だけでなく、アカウントのプロフィールも整備することで、Webサイト流入を更に増やすことができます。

TikTokプロモートのメリット

TikTokプロモート機能

続いては、TikTokプロモートのメリットを3つ紹介します。

メリット①:狙いたい層に絞って配信できる

TikTokプロモートのメリットの1つ目は、狙いたい層に絞って配信できることです。

TikTokプロモートでは、投稿した動画を閲覧してもらいたいユーザーの「性別」「年齢層」「興味のあるジャンル」などを細かく設定し、狙ったユーザー層に優先して動画を配信することができます。

例えば、若者の男性にゲーム実況の動画をプロモートする場合、「性別」を男性、「年齢層」を18~24、「興味のあるジャンル」をゲームのように設定することで、指定した条件を満たしているユーザーに優先的に動画を配信して視聴してもらえます。

このように、TikTokプロモートではターゲットを絞って、効率的に動画を配信することができます。

メリット②:費用対効果が高い

TikTokプロモートのメリットの2つ目は、費用対効果が高いことです。

TikTokのプロモートは希望する動画の閲覧数によって費用が変動する仕組みになっており、ユーザーに1回表示するための費用は約0.1〜0.2円と、コストを抑えて運用することができます。

また、TikTokプロモートの配信設定では、1日あたりの予算と配信期間を決めるため、予算オーバーすることなく計画的に広告を配信することができます。

このように、TikTokプロモートでは企業や個人などの規模に関係なく、費用対効果の高い効率的な広告運用が可能となります。

メリット③:広告感が薄い

TikTokプロモートのメリットの3つ目は、広告感が薄いことです。

TikTokプロモートでは、動画を配信した際に「広告」の表示はでるものの、それ以外の見え方は一般的な動画投稿と変わらないため、広告だと気づかれる可能性は低いです。

しかし、同じ動画を何回もプロモートしていたり、動画の内容によってはユーザーに広告だと気づかれたり、邪魔だと思われてしまうリスクが高まります。

コンテンツ作成に力を入れ、目新しさや興味・関心のある内容にすることで、より広告感が薄く、自然にユーザーに受け入れられる動画の配信が可能となります。

TikTokプロモートのデメリット

TikTokプロモート機能

一方で、TikTokプロモートにはデメリットもあります。ここでは、TikTokプロモートのデメリットを3つ紹介します。

デメリット①:動画が必ずバズるわけではない

TikTokプロモートのデメリットの1つ目は、動画が必ずバズるわけではないことです。

TikTokのプロモート機能を利用することで、配信した動画を視聴するユーザーの数は一定数担保されますが、プロモートした動画にアクションしてもらえるとは限りません。

「バズり」を生むためには、ユーザーの共感・興味を惹くコンテンツを配信し、プロモートした後にもオススメ表示されるよう、ユーザーから「いいね」や「シェア」を引き出す必要があります。

デメリット②:著作権で保護された楽曲は使用できない

TikTokプロモートのデメリットの2つ目は、著作権で保護された楽曲は使用できないことです。

TikTok公式サイトでは、プロモートを行う際の楽曲の使用について、以下のように述べています。

プロモートできるのは、オリジナルの楽曲または商用目的で使用できる楽曲を使った動画のみです。プロモートは、著作権で保護された楽曲を使用している動画には利用できません。

TikTokのプロモートで使用する楽曲は、著作権に注意しながら選定するようにしましょう。

デメリット③:ステマだと思われる可能性がある

TikTokプロモートのデメリットの3つ目は、ステマだと思われる可能性があることです。

ステマ(ステルスマーケティング)とは、ユーザーに広告や宣伝であることを明示せずに自社サービスや商品の販売を行うことを指します。

特に、TikTokプロモートは一般的な動画投稿と変わらない見た目でユーザーに表示されるため、ステマを疑われる可能性が高くなります。

TikTokプロモートを行う際は動画のコンテンツ内容に注意し、炎上のリスクを抑えるようにしましょう。

TikTokプロモートのやり方

TikTokプロモート機能

TikTokプロモートのやり方を画像付きで解説していきます。

TikTokプロモートが可能な動画は「既に公開されている動画」のため、プロモートを行う際は事前にTikTokへ動画を投稿しておきましょう。

①TikTokのプロフィール画面右上に表示されている「3本線」をタップし、表示されたメニューの中から「クリエイターツール」をタップします。

TikTokプロモート機能

②クリエイターツールの中から「プロモート」の項目をタップします。

TikTokプロモート機能

③プロモートの作成画面から「他の目標に向けてカスタマイズしたプロモーション」を選択します。

TikTokプロモート機能

④プロモートの「目的」と配信する「コンテンツ」をそれぞれ設定します。

TikTokプロモート機能

⑤プロモートの「オーディエンス(ターゲット)」と「予算と期間」をそれぞれ設定します。

TikTokプロモート機能

⑥最後に、予算と期間に応じて必要な費用が表示されるので、支払いが完了すると、プロモート動画を公開することができます。

TikTokプロモートを実施する際の注意点

TikTokプロモート機能

続いては、TikTokプロモートを実施する際の注意点を3つ紹介します。

注意点①:明確な目的を設定しておく

TikTokプロモートを実施する際の注意点の1つ目は、明確な目的を設定しておくことです。

TikTokプロモートでは、配信設定の際に以下の3つの目的から選択が必要です。

  • 動画視聴数増加
  • ウェブサイト訪問数増加
  • フォロワー数増加

TikTokプロモートでユーザーからどのような行動を引き出したいのかによって、配信すべき動画の内容も変わってきます。

あらかじめ、プロモートの目的を明確にしてから動画を制作するようにしましょう。

注意点②:著作権を侵害しないようにする

TikTokプロモートを実施する際の注意点の2つ目は、著作権を侵害しないようにすることです。

TikTok内で利用できる楽曲以外の使用は、著作権違反にあたる可能性があります。

通常の投稿でも注意は必要ですが、BGMとして利用する音源や動画コンテンツの内容が著作権に引っかかると、相手側から訴訟されるリスクがあります。

そのため、動画制作・編集の段階で、使用する素材に著作権上の問題がないかを常に確認しておくことが大切です。

注意点③:動画のクオリティにもこだわる

TikTokプロモートを実施する際の注意点の3つ目は、動画のクオリティにもこだわることです。

TikTokプロモートを利用することによって、配信した動画を一定数のユーザーに閲覧してもらうことはできますが、それだけではより多くのユーザーに認知してもらうための「バズり」を起こすことはできません。

動画のクオリティにこだわり、閲覧したユーザの共感・興味を得られるコンテンツを作成することが重要です。

TikTokプロモートに関するよくある質問

TikTokプロモート機能

TikTokプロモートに関してよくある質問を紹介します。

質問①:プロモート機能を使っているとバレることはありますか?

TikTokプロモートを使っての動画投稿の見え方は、「広告」の表示は出るものの、それ以外は一般的な動画投稿と変わらないため、広告だと気付かれたりバレたりする可能性は低いです。

しかし、同じ動画を何回もプロモート配信していたり、動画の内容によってはユーザーに広告だと疑われ、バレてしまう可能性があります。

TikTokプロモートを実施する際はコンテンツ作成に力を注ぎ、定期的に配信内容を見直しましょう。

質問②:プロモートをすると動画の見え方はどうなりますか?

TikTokプロモートを使っての動画投稿の見え方は、下記の投稿のように「広告」の表示が出るものの、それ以外は一般的な動画投稿と変わりません。

TikTokプロモート機能

質問③:プロモート配信の審査に落ちることはありますか?

プロモート動画を作成後、運営の審査が入り、プロモーションが非承認になることがあります。

承認されない場合は、TikTokガイドラインおよび広告ポリシーに違反している可能性があるため、コンテンツの修正が必要となります。

よくある例としては、出稿NGの商品を紹介していること、広告の最上級表現(「1番売れている」などの言い回し)を使用していること、などがあげられます。

ガイドラインをしっかりと読み込み、動画内に非承認とされる要素を入れないよう心がけましょう。

まとめ:TikTokプロモートを使いこなそう

今回はTikTokプロモートについてご紹介しました。

TikTokプロモートに興味がある方は、本記事を参考にして、ぜひTikTokプロモートを使いこなしてみてください。

また、Epaceは過去200社以上のSNSマーケティング支援で積み上げてきたTikTok運用のノウハウを活かし、投稿の作成、運用、内製化支援、詳細な結果分析までの総合提案を得意としておりお客様のご要望に合わせて柔軟に運用のご支援をいたします。

「TikTok運用代行を検討している」「TikTokプロモートを使ってみたい」など、TikTok運用に関するお悩みなどがありましたらぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介

法政大学法学部卒業。
大学在学中に動画マーケティング会社でYouTubeやTikTokの運用代行やオウンドメディアの構築、ライバー事業でライバーの育成・支援やインフルエンサーマーケティングを経験し、株式会社Epaceを創業。SNSの中でも特にYouTubeを得意とし、これまで上場企業や芸能人までジャンルを問わずSNSマーケティングを手がける。情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教員、一般社団法人インフルエンサー連盟SNS運用部門理事。

Epaceがわかる会社概要・支援実績資料セット

    会社名

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    メルマガ登録

    マーケティング施策別・業界別に役立つメソッドをはじめとして、
    セミナー開催情報、支援事例などをお届けします。