Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

【保存版】TikTok広告とは|種類,出し方,費用相場も

TikTokは、10代や20代の若い世代を中心に人気を集めており、15秒から60秒の動画を簡単に作成でき、多彩なコンテンツが投稿されてます。そのため、若年層へアプローチする手段として使用する企業が増えています。

しかし、実際のTiktok広告の出稿方法や、効果的な広告の作成方法がわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、TikTok広告の出し方・種類・費用相場などについて解説します。

 

TikTok運用・広告に関するお悩みは株式会社Epaceにご相談ください。

 

株式会社EpaceではTikTokの運用・広告に関する無料相談を行っております。

  • 無料相談でできること
  • TikTokに関するお悩み相談(なんでもOK)
  • 業界ごとのTikTok運用・広告の事例紹介
  • TikTokで得られる成果のシミュレーション

これまで200社以上の実績があり、SNSマーケティングに特化しているからこそのノウハウや情報もお伝えできますので、お気軽にお問合せください。

無料相談はこちら▶︎

TikTok広告とは

TikTok広告は、TikTokのアプリ内で展開される動画広告です。ブランドの認知度を高めたり、特定の製品やサービスを宣伝したりするために、短い動画を使ってストーリーを語ることができます。

TikTok広告の多くは、通常のユーザー投稿と見分けがつきにくい形で配信されることが多く、エンターテイメント性の高い内容にすることで、より自然な形でユーザーの関心を引くことができます。

TikTokの媒体特性

tiktok広告

制作:株式会社Epace

TikTokは、日本国内で1800万人を超えるユーザーが利用しているSNSで、その数は年々増加傾向にあります。

また、「10~20代の若者に人気がある」というイメージを持たれていますが、ここ数年の日本のTikTokユーザーの平均年齢は30歳以上となっています。

さらに、近年では「TikTok売れ」という言葉が出てくるなど、TikTokを起点に商品・サービスが売れる現象が多く見られています。

実際に、TikTokの調査した情報によると、TikTokユーザーの25%が「TikTokを見た後、商品を購入または調べた」と回答しています。

出典:ユーザーが長く滞在し、エンゲージし、幸せを感じる「TikTokでの充実した時間」|TikTok for Business

TikTok広告を出すメリット

続いては、TikTok広告を出すメリットを3つ解説します。

メリット①:他のSNSよりも広告感が薄い

TikTok広告を出すメリットの1つ目は、他のSNSよりも広告感が薄いことです。

TikTokには、ユーザーが日常的に楽しめるクリエイティブなコンテンツが溢れており、TikTok広告そのものも、エンターテイメント要素が強く、普通のコンテンツと見分けがつきにくい形式を取っています。

そのため、TikTokユーザーは広告を不快な中断として捉えることなく、自然な形で接することが可能です。

この形式は、特に若い世代のユーザーにとって魅力的であり、彼らが通常のコンテンツと同じように広告にも関心を持つことを促します。

このように、TikTok広告は他のSNSと比較して、広告感が薄いことが大きな利点となり、効果的なブランド露出を実現することができるのです。

メリット②:購買に繋げやすい

TikTok広告を出すメリットの2つ目は、購買に繋げやすいことです。

TikTok広告は、ユーザーにストーリーを通じて製品を紹介し、ブランドへの親しみや信頼を構築することに長けています。

そのため、通常の広告よりもエンゲージメント率が高くなりやすく、ユーザーが積極的にコンテンツと関わる傾向があります。

この結果、ユーザーは広告を通じて製品に関する情報を得るだけでなく、実際の購入行動に移りやすくなります。

また、TikTokの広告はターゲットオーディエンスを精密に絞り込むことが可能であり、これにより製品やサービスが正確に潜在顧客に届けられ、購買への変換率を高めることも可能です。

このように、TikTok広告は購買に繋げやすいという点で、他の広告プラットフォームと比較して大きなメリットを持っているのです。

なお、TikTok売れに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTok売れとは?企業の成功事例16選,メリット/デメリットも

メリット③:少額からでも利用できる

TikTok広告を出すメリットの3つ目は、少額からでも利用できることです。

TikTok広告は、広告主が少額予算で始められるように設計されており、特に小規模事業者やスタートアップにとっては大きな魅力です。

低予算でも始められるという特性は、特に広告のテストや市場への新規参入を考えている企業にとって有利です。彼らは、大きなリスクを負うことなくTikTokの広告プラットフォームを利用し、ターゲットオーディエンスに対する製品やサービスの反応を探ることができます。

また、効果的な広告キャンペーンが立ち上がれば、その結果を元に予算を段階的に増やすことも可能です。

このように、TikTok広告は少額から始められるため、多様な規模の企業がデジタルマーケティング戦略にこのプラットフォームを取り入れやすくなっているのです。

TikTok広告の種類

ここではTikTok広告の主な種類と特徴について解説します。

広告の種類は主に2種類あります。広告ごとに特徴が異なるため、特徴を理解して自社の目的やターゲットに合わせた広告を選びましょう。

予約型広告(純広告)

予約型広告(純広告)は、下記の6種類の広告で構成されています。

  • 起動画面広告
  • Top View
  • Reach & Freaquency
  • One day max
  • ハッシュタグチャレンジ(#challenge)
  • ブランドエフェクト(Branded Effect)

では、一つずつ解説していきます。

起動画面広告

起動画面広告は1日1社限定で表示されるインフィード広告で、アプリ起動時に表示し、ユーザーにインパクトを与えられます。

広告の表示は3~5秒ほどで、GIF形式の画像やアニメーションなどに対応しており、静止画のみでも出稿できます。アプリ起動時に表示されるため、とにかく多くのユーザーに広告を表示して認知を拡大したいという方におすすめです。

起動画面広告では、フルスクリーン表示ができるため、ユーザーへの認知獲得に優れた広告と言えます。しかし、音声が再生されないという制約はあります。

Top View

Top Viewは、起動画面広告と同様に、1日1社限定で表示されるインフィード広告です。

アプリ起動時に最大60秒までの音声付きフルスクリーン動画を配信可能です。アプリ起動時からフルスクリーンで表示される広告にはユーザーにインパクトを与え、商品やサービスの認知を促します。

広告の特徴は、アプリ起動時に表示されてから3秒以上視聴し続けることで、自動的にフィードに切り替わることです。そのため、ユーザーに広告や宣伝色の強い印象を持たれづらいです。

加えていいねやコメント、シェアなどのアクションができるので、平均視聴時間も長い傾向にあります。既存の動画素材を広告に使えるため、配信までスケジュールに余裕がない方や、過去反響の大きかった動画を広告にしたい方におすすめです。

Reach & Frequency

tiktok広告

Reach & Frequencyは、リーチ(1回以上広告をみた人の数)やフリークエンシー(ユーザーが視聴する広告の回数)などを広告マネージャー上でシミュレーションしてから出稿できるインフィード広告です。

Reach & Frequencyでは、事前に決めた広告予算か合計インプレッションを、指定した期間とフリークエンシーで配信します。そのため、長期にわたり商品やサービスの広告を行いたい方におすすめです。

One day max

One day maxは、企業が指定した1日に限定してユーザーに表示するインフィード広告です。

最大60秒のフルスクリーン動画を「おすすめ」フィードの4番目に掲載し、ほかの通常投稿と同じように並ぶため、宣伝色を抑えた広告の配信が可能です。そのため視聴回数とクリックの質は高まります。

また横型動画の配信もできるため、縦型の動画を用意できない方におすすめです。

出典:つい最後まで見てしまう「ヤバタンピザ」動画の裏側!|TikTok for Business

ハッシュタグチャレンジ(#challenge)

tiktok広告

ハッシュタグチャレンジでは、お題となるハッシュタグを設定し、これに沿ったお手本動画を用意し配信することでスタートします。

そしてユーザーがお手本動画をみて、真似して動画を撮影し、投稿することで拡散されていきます。

通常の広告は、企業側からの一方通行のコンテンツ配信ですが、ハッシュタグチャレンジはユーザーが投稿するため、一般的な広告よりも拡散されやすいという特徴があります。

また、ハッシュタグチャレンジはキャッチーで真似したくなるものにすることで、他のSNSでもシェアされやすくなります。

なお、TikTokのハッシュタグチャレンジに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokのハッシュタグチャレンジとは?成功事例,費用,実施のメリットも

ブランドエフェクト(Branded Effect)

TtikTok ブランドエフェクト

ブランドエフェクトは、自社商品やサービスを体験しているかのうような感覚をユーザーに与えられる広告です。

高度な画像認証技術で2D、3D、ARといったさまざまなクリエイティブコンテンツを作成可能で、ハッシュタグチャレンジと併用したキャンペーンを実施することで、より一層ブランドの世界観をユーザーに伝えやすくなります。

なお、TikTokのブランドエフェクトに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokブランドエフェクトとは?期待できる効果,企業事例も

運用型広告

続いては、運用型広告について解説します。

運用型広告は、予算や広告素材などを自身で管理できるTikTok広告で、「おすすめ」内でユーザーの投稿に紛れて配信されます。

また、運用型広告は下記の2種類に分けられます。

  • Brand Auction
  • TikTok Spark Ads

では、それぞれについて解説します。

Brand Auction

出典:DIESELが運用型インフィード広告「Brand Auction」を活用、購買意向のアップリフトが+300%超!|TikTok for Business

Brand Auctionは、ランダムに「おすすめ」フィード上に配信される運用型のインフィード広告です。3種類の入札方式があります。

  • インプレッション課金(広告が1000回表示されると費用が発生)
  • クリック課金(広告がクリックされると費用が発生)
  • 再生課金(動画が一定時間再生されると費用が発生)

入札制が採用されているため、表示したタイミングでか金額が確定します。

少額から出稿できる広告で広告主のメールアドレス、電話番号、住所、サイトのURL、決済情報を入力すればすぐに始められます。

TikTok Spark Ads

TikTok Spark Adsは、ブランドが自身のTikTokアカウントの投稿、または他のクリエイターが作成した投稿を使用する広告です。

TikTok Spark Adsは、TikTok上で自然かつオーガニックな形で表示され、ユーザーのエンゲージメントを高めることが可能です。

TikTok広告の課金形態

続いては、大きく5種類に分けられるTikTok広告の課金形態について解説します。

CPM(インプレッション課金型)

TikTok広告の課金形態の1つ目は、CPM(インプレッション課金型)です。

CPMは、リーチ数の多さに重点を置いた入札方式です。

広告の1,000回表示あたりのコストで入札を行い、広告主の予算設定に応じてTikTok側が広告の露出を高めて、可能な限り多くのユーザーにリーチします。

そして、広告主が提示した価格に基づいて、実際のインプレッション(=1表示)単価が入札設定額に近づくように、可能な限り調整されます。

計算方法 合計コスト ÷ インプレッション数 × 1,000
課金ポイント インプレッション発生ごと
適用可能なプロモーション目的 リーチ
対応している広告の種類 運用型広告

oCPM(最適化インプレッション課金型)

TikTok広告の課金形態の2つ目は、oCPM(最適化インプレッション課金型)です。

oCPMでは、広告がその目的に最適化されたユーザーに自動的に配信される方式です。

広告が1,000回表示されるごとのコストを基に入札が行われ、コンバージョンやアプリインストールなどのイベントを達成する可能性が高いと判断されたユーザー群をターゲットに、広告が配信されます。

計算方法 合計コスト ÷ 合計インプレッション数 × 1,000
課金ポイント インプレッション発生ごと
適用可能なプロモーション目的 フォロワー獲得、コンバージョン、アプリのインストール
対応している広告の種類 TopView、Reach & Frequency、運用型広告

CPV(再生課金型)

TikTok広告の課金形態の3つ目は、CPV(再生課金型)です。

CPVでは、6秒または2秒の動画再生1,000回あたりのコストで入札を行い、広告主の予算設定に応じて、動画の再生回数を最大限に高めます。

そして、広告主が設定した価格に基づいて、実際の再生1,000回あたりのコストが入札設定額に近づくよう調整されます。

計算方法 合計コスト ÷ 視聴回数 × 1,000
課金ポイント 2秒 or 6秒
適用可能なプロモーション目的 動画視聴
対応している広告の種類 運用型広告

CPC(クリック課金型)

TikTok広告の課金形態の4つ目は、CPC(クリック課金型)です。

CPCでは、1クリックあたりの広告コストで入札を行い、クリックする可能性の高いユーザーに広告が配信されます。

そして、広告主が提示した価格に基づいて、クリックあたりのコストが入札提示額に可能な限り近づくよう調整します。

計算方法 合計コスト ÷ クリック件数
課金ポイント クリック1件ごと
適用可能なプロモーション目的 トラフィック、アプリのインストール、コンバージョン
対応している広告の種類 運用型広告

6s Focused View課金

TikTok広告の課金形態の5つ目は、6s Focused View課金です。

6s Focused View課金は、6秒以上の動画視聴または6秒以内に何らかのエンゲージメントを行うごとに課金される方式です。

広告を6秒以上視聴する、もしくはエンゲージメントする可能性の高いユーザーに広告が配信されます。

計算方法 合計コスト ÷ 視聴回数 × 1,000
課金ポイント 6秒以上の動画視聴、6秒以内に何らかのエンゲージメントを行うごと
適用可能なプロモーション目的 動画視聴数
対応している広告の種類 運用型広告

TikTok広告の入札戦略

続いて、大きく2つに分けられらTikTok広告の入札戦略を紹介します。

目標成果単価上限(Cost Cap)

目標成果単価上限は、平均CPAが設定した目標CPA上限に近づくように入札調整される入札戦略です。

アプリインストール、コンバージョン、リード生成などを目的にする場合に採用されることが多いです。

最小単価(Lowest Cost)

最小単価は、予算内で、最も低い成果単価で獲得できるユーザーからCV獲得するように入札調整される入札戦略です。

トラフィック、リーチ、動画視聴数、アプリインストール、コンバージョン、リード生成などを目的にする場合に採用されることが多いです。

TikTok広告の費用相場

では、実際のTikTok広告の費用相場を、広告の種類別に解説します。

広告の種類 費用相場
起動画面広告 約500万円/日
TopView 625万円/日~
Reach & Freaquency 約50万円/回~
One day max 約300万円/日
ハッシュタグチャレンジ 約1,000万円~2,000万円
ブランドエフェクト 380万円/回〜
Brand Auction 42万円/月~
TikTok Spark Ads 5,000円~10億円(日予算と通算予算で設定可能)

このように、TikTok広告の費用は、広告の種類によって大きく異なります。

そのため、広告を打つ目的に合わせて、広告を選択することが必要となります。

TikTok広告の出し方

広告の出稿と聞くと、なんか難しそうですよね。でもTikTok広告の場合は、難しそうに見えて誰でも簡単に出稿できます。ここではTikTok広告の出稿までの流れを大きく分けて4つに分けて解説します。

広告アカウントの作成

まず初めに広告出稿にはアカウントが必要です。基本的に広告を出稿する際は、このアカウントを通して行います。

広告アカウントは、TikTokの公式サイトで作成できます。メールアドレスとパスワードを入力し、登録を行います。

広告アカウントに必要なアカウント名や自社業界といった詳細を情報を記入します。最後に、費用の請求先や支払い方法、自社のURL(プロモーションリンク)を記入したらアカウント作成ができます。

詳細情報の入力

次に、初期設定として広告に関する詳細情報を入力していきます。広告を出稿する際に重要になってくる部分です。

まず、ピクセルタグの設定を行います。ピクセルタグとは、webサイト上でのユーザーの行動を記録するタグのことです。このピクセルタグを設定することでどのくらいのユーザーが広告から来たかがわかります。

次にイベントを設定します。イベントとは、ユーザーの特定行動を計測する機能のことです。カートに追加やお気に入りに追加といった具体的な行動を計測します。

最後にオーディエンスの設定をおこないます。オーディエンス設定では、自社の顧客データをアップロードして広告配信に利用します。年齢、地域、興味、通信環境など細かく設定することが可能です。

広告の開始

広告を開始するために、PRしたい目的を選択します。自社の目的に応じてプロモーション方法を決めます。具体的には以下の通りです。

目的 計測アクション
ブランド認知 リーチ(多くのユーザーに配信する)
購買
  • トラフィック(アプリやランディングページに誘導する)
  • アプリインストール(アプリストアへ誘導する)
  • 動画視聴数(動画視聴を誘導する)
  • リード生成(企業に対するもこみ顧客を獲得する)
コンバージョン
  • コンバージョン(web上で特定の行動をさせるように誘導する)
  • カタログ配信(カタログ販売用の広告を作成する)

次は予算を設定していきます。予算は無制限/日予算/通算予算のいずれかから選び、配信スケジュールも設定します。

最後に、4種類あるクリエイティブ作成用のツールから一つを選び、広告用のクリエイティブを作成します。

作成に関しては、プロフィール画像、表示される名前、テキスト、URLを記入すると広告動画が完成です。広告審査を受けて24時間以内に配信が開始されます。

効果測定

広告による効果を測定することで、次にどんな施策を行うと良いかが見えてきます。

TikTokの広告アカウントを使用することで、様々な分析をすることができます。具体的には、合計の再生時間、平均視聴時間、フォロワー数の増減、プロフィールの表示回数などの分析が可能です。

広告を配信したら、その広告がどんな成果につながったのかを分析することで、次の行動方針を決められます。

自走の支援

自走の支援(=インハウス化)とは、自社の商品・サービスを宣伝するインスタやインスタ広告の運用を外注するのでなく自社で運用していくことです。具体的には、広告枠のバイイングやレポーティング、クリエイティブの制作などの業務を内製化していくことを指します。

インスタコンサルには、こうした社内体制作りまでサポートしてくれることもあります。もし長期的な運用の検討をする場合は、運用代行よりも安く、自社でノウハウも貯まるため、一考の余地があるのではないでしょうか。

TikTok広告で成果を出すコツ

続いては、TikTok広告で成果を出すコツを3つ解説します。

コツ①:冒頭の1〜2秒でユーザーの興味を引く

TikTok広告で成果を出すコツの1つ目は、冒頭の1〜2秒でユーザーの興味を引くことです。

TikTokは短い動画コンテンツが特徴のSNSであり、ユーザーは次々とコンテンツをスワイプしていくため、広告が瞬時に興味を引かなければ、すぐに次の動画に移ってしまいます。

そのため、広告の最初の1〜2秒で、鮮やかなビジュアル、キャッチーな音楽、興味をそそる文言やショッキングな映像などを使って、ユーザーの興味を引き付けることが重要です。

このように、TikTok広告では冒頭の数秒が広告の成功を左右するため、強いインパクトを与える要素を最初に持ってくることが、目立つ広告を作り出し、ユーザーの関心を引き留めるための鍵となるのです。

コツ②:真似しやすいアクションや流行りの楽曲を取り入れる

TikTok広告で成果を出すコツの2つ目は、真似しやすいアクションや流行りの楽曲を取り入れることです。

真似しやすいアクションやダンスは、視聴者が自らも試してみたくなるような魅力を持ち、それによって広告がより広く共有されるきっかけを作り出します。

また、流行りの音楽はユーザーに親しみやすく、広告に対する印象をポジティブなものに変える効果があります。

これらの要素は、広告がTikTokユーザーの間で自然に受け入れられ、よりバイラルな影響力を持つようにします。

このように、真似しやすいアクションや流行りの楽曲を取り入れることは、TikTok広告をより効果的にし、ブランドや商品に対する認知度を高める強力な手段なのです。

なお、TikTokの楽曲に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokで流れる楽曲の探し方|トレンドの調べ方も

コツ③:タレントやインフルエンサーを起用する

TikTok広告で成果を出すコツの3つ目は、タレントやインフルエンサーを起用することです。

タレントやインフルエンサーの起用は、彼らのファンや影響力を活用することで、広告のリーチとエンゲージメントを大幅に拡大する手法です。

この手法は、ターゲットとするユーザー層がタレントやインフルエンサーのファン層と重なる場合に効果的です。

特にTikTokは、インフルエンサーマーケティングに非常に適しているSNSであり、人気のあるクリエイターや有名人が出演することで、広告の信頼性と魅力が高まります。

また、彼らが広告コンテンツに独自のスタイルや個性を加えることにより、広告はよりオリジナリティと説得力を持つようになります。

したがって、タレントやインフルエンサーの起用は、TikTok広告のリーチを拡大し、その成果を高める重要な手段と言えるでしょう。

なお、TikTokのインフルエンサーマーケティングに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

TikTokのインフルエンサーマーケティングとは?成功事例,依頼方法も

TikTok広告の成功事例3選

ここからはTikTok広告を活用した成功事例を紹介していきます。実際にどのような事例があるのかを見ていきましょう。

TikTok広告をこれから出稿しようとしている企業はこの事例を参考にしてみてください。

事例①:#髪を咲かせよう

ロレアルパリは世界最大の化粧品メーカーです。ロレアルパリでは、エクストラオーディナリーオイルのキャンペーンとして「#髪を咲かせよう」というハッシュタグチャレンジを実施しました。また、TikTok内で使えるオリジナルエフェクトも活用しました。アンバサダーとして欅坂46のメンバーが公式動画に出演しました。動画自体がすごくまとまっているという印象を受けました。

エフェクトを使って動画を撮影することで、ユーザーにヘアオイルを使う擬似体験をさせるという企画で、購買につなげやすくなっています。

事例②:#ポッキー何本分体操

江崎グリコは大阪府にある食品メーカーです。江崎グリコでは、11月11日をポッキー&プリッツの日と定めています。その日を盛り上げるために、期間限定でハッシュタグチャレンジである「#ポッキー何本分体操」を実施しました。このハッシュタグのついた動画が5日で2万3600本も公開されました。15秒の中でだんだんとハッピーになっていく動画はこちらもみていて楽しいという印象を受けました。

インフルエンサーを活用し、確実にされていました。動画内ではポッキーを使って動画を撮るため、商品の購買にもつながるような企画です。

事例③:#食いっプリグランプリ

丸亀製麺の「#食いっプリグランプリ」というハッシュタグチャレンジです。このチャレンジで丸亀製麺のTVCMの出演オーディションをTikTok内で開催しました。

具体的には、ユーザーはオリジナルのBGMにあわせて、うどんを食べる動画を投稿することで参加することができます。リズミカルなリズムで、聴いていてワクワクする印象を受けました。

また、動画内で丸亀製麺のうどんを食べることが参加条件のため、自社商品の購買にもつながっています。

まとめ:TikTok広告でサービスを広めよう

今回はTikTok広告についてその種類や費用相場、出稿のやり方を紹介しました。自社でTikTok広告を出稿するイメージがついたのではないでしょうか。

これから、TikTok広告を検討している方や、どうやって出稿すればいいかわからないと思っている方は、今回の広告出稿のやり方を参考にしてみてください。

また、Epaceは過去200社以上のSNSマーケティング支援で積み上げてきたTikTok運用のノウハウを活かし、投稿の作成、運用、内製化支援、詳細な結果分析までの総合提案を得意としておりお客様のご要望に合わせて柔軟に運用のご支援をいたします。

「TikTok運用代行を検討している」「TikTokで自社の商品・サービスを販売したい」など、TikTok運用に関するお悩みなどがありましたらぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介

法政大学法学部卒業。
大学在学中に動画マーケティング会社でYouTubeやTikTokの運用代行やオウンドメディアの構築、ライバー事業でライバーの育成・支援やインフルエンサーマーケティングを経験し、株式会社Epaceを創業。SNSの中でも特にYouTubeを得意とし、これまで上場企業や芸能人までジャンルを問わずSNSマーケティングを手がける。情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教員、一般社団法人インフルエンサー連盟SNS運用部門理事。

Epaceがわかる会社概要・支援実績資料セット

    会社名

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    メルマガ登録

    マーケティング施策別・業界別に役立つメソッドをはじめとして、
    セミナー開催情報、支援事例などをお届けします。