Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

SNS分析の方法とは?マーケティングに役立つおすすめツール10選

SNS分析の方法とは?マーケティングに役立つおすすめツール10選<

近年、SNSを活用したマーケティングはメジャー化しており、企業にとって欠かせないプロセスとなりました。

このマーケティング手法で、企業が顧客との関係を盛り上げ、最終的に得たい目標値の獲得を目指します。

 

このような成果を上げていくためには、分析が必要になります。

分析を行うことで商品やサービスを提供するにあたり顧客のニーズを把握した段階でアプローチが可能となります。効率良く顧客に販売やサービス利用を促していけるのです。

マーケティングにおいて重要なプロセスである分析とは、どのようなものがあるのか、おすすめツール10選をご紹介しながら、解説していきます。

SNS分析に必要な4つの指標

SNSを分析するにあたって

・エンゲージメント率

・フォロワーのユーザー属性

・フォロワー数

・リーチ率

など4つの必要な指標があります。

それぞれの分析方法を活用し、効率よく運用しましょう。

エンゲージメント率

アカウントの投稿に対しいいねやコメント保存した回数の合計をエンゲージメントと言います。

 

エンゲージメント率は数値が明瞭なため、他の企業との差を比較しやすく、自社においても分析がしやすい指標のひとつです。

 

ユーザーがどのくらい興味を持ったのか、この投稿をもう一度見るためにどのくらいのユーザーが投稿を保存したのかによって数値が変わってくるので、閲覧ユーザーの興味を引く投稿をすることが求められます。

フォロワーのユーザー属性

フォロワー数と同様に重要なポイントとして挙げられるのが、フォロワーの属性です。

男女比や年齢層などを把握する事で、フォロワーの心に響く投稿ができるようになります。

 

また、自社が設定したターゲット層との違いを把握することで、今後の施策へも活かせるようになるでしょう。

フォロワー数

企業アカウントをフォローしているユーザーの数のことです。

フォロワー数は、企業アカウントに対し、成果として直接的に影響を及ぼします

フォロワーの増減によってKPIも変動するため、フォロワー数を増やしておく必要があるでしょう。

 

分析すべき点として

・どの投稿を機にフォロワーが増加しているのか。

・フォロワーが急激に増加した時期、またその原因は何であるのか。

などが挙げられます。

 

フォロワー数だけではなく、その背景には、どのような内容でフォロワー数が増加したかなど、考察する必要があります。

 

こうした分析内容を活かすことで、今後のフォロワー数にも良い影響を及ぼすでしょう。

 

関連記事:インスタマーケティングの基礎完全版。事例やKPIの設定方法まで詳しく紹介

 

リーチ率

リーチ率とは、ユーザーが投稿などの情報に到達した数値をフォロワー数で割る事でフォロワー数の何%に見られたかを測る指標です。

リーチ率が低いとフォロワーに自分のフォロワーに投稿などの情報が届いていないことを示します。

 

リーチ率を上げるには、毎回の投稿にどの位のフォロワーが見に来たかを記録し分析する必要があり、リーチ率を伸ばす投稿を出す工夫が必要です。

 

主要SNSの公式分析ツール

インターネット上でのマーケティングが主流となっている現代では、さまざまなSNSが利用されています。

SNSマーケティングを行う中で活用したいのが、分析ツールです。

 

今回はTwttier、インスタグラム、Facebook3つのSNSの分析ツールについてご紹介していきます。

Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスは公式から提供されており、Twitterのアカウントをお持ちであれば簡単に利用ができる分析ツールです。

 

Twitterアナリティクスでは、自分のアカウントの分は確認できますが、他のアカウントのは確認できないようになっています。そのため、他社の分析を行いたい場合は別途ツールを容易するか、必要なデータを手動で収集する必要があるでしょう。

 

ツールへアクセスする方法は簡単です。

WebブラウザからTwitterにアクセスしている場合は、画面左側に表示されているメニューの中から「もっと見る」をクリックしましょう。

そうすると、「アナリティクス」の項目が現れます。アナリティクスの項目は、Webブラウザからのアクセスのみで確認が可能です。

そのため、スマートフォンからアクセスしている場合はWebブラウザに切り替える必要があります。

また、アナティクスを使用する場合は最初に「アナリティクスを有効にする」をクリックすることで分析内容が確認できるようになります。

 

Twitterアナリティクスでは、主に以下の項目に関わる数値の確認ができます。

過去28日間のツイート数

トップページにアクセスした人数

フォロワー数の増加

@ツイート数

・アプリのインストール数

など

 

必要最低限の数値を収集したい方は、公式ツールだけでも十分なデータが集められるでしょう。

 

Instagram Insight

インスタグラムの公式分析ツール「Instagram Insight」は、個人アカウントではなく「ビジネスプロフィール」に切り替えることで無料で利用ができます。

 

インスタグラムでは過去に投稿したフィード投稿を1つ表示させることができ、画面左下の「インサイトを見る」で確認が可能です。

過去に投稿したストーリーズからも確認ができます。

こちらではストーリーズの左下に視聴者アイコンが表示され、左上のグラフマークをタップするとインサイト画面に切り替わります。

こちらではリーチ数インプレッション数メッセージの送信数ストーリーズからの移動数などが確認できます

 

関連記事:インスタマーケティングでなぜ「ストーリー」が重要なのか?戦略を徹底解説

Facebookインサイト

Facebookインサイトについても、公式から提供されているツールです。

インサイトを利用できるのはFacebookアカウントの管理者、編集者、モデレーター、広告管理者、アナリストのいずれかの権限が付与されている人物のみとなっています。

 

また、ページ内の「いいね」が合計30以上の場合に利用が可能です。

 

FacebookインサイトはFacebookにアクセスし、画面上部のメニューにある「インサイト」のタブから「概要」をクリックすることで確認できます。

 

確認できる項目は、1日ごとのフォロワーの増減の推移、いいねの増減の推移などです。

ほかにもどの曜日の時間帯に人がアクセスしてくるのかといった、ユーザーの属性もわかります。

ユーザーの属性はもっと細かく分類され男女別ファンやフォロワーリサーチした人などを棒グラフの比率にて確認ができます

SNSマーケティングに重要な『ソーシャルリスニング』を知っておこう

ソーシャルリスニングは、SNSマーケティングにおいて企業戦略の策定に欠かせない手法です。

 

ソーシャルリスニングを実践することで、よりSNSマーケティングの効果を高められます。

 

この項目では、ソーシャルリスニングについて詳しくお伝えしますので、ぜひSNSマーケティングに活用してみてください。

 

関連記事:【最新保存版】SNS運用のノウハウを完全解説!企業事例やツールも紹介

ソーシャルリスニングとは

ソーシャルリスニングとは、InstagramやTwitterを始めとするSNSだけでなく、ブログや掲示板など、あらゆる口コミやレビューも含めて情報収集することを指します。

 

SNSを通して広い視野の観点から見た意見収集ができるのがメリットです。

以前まで主力となっていた企業側のアンケート調査とは異なり、消費者の自由で率直な意見を得られるため、SNSマーケティングにおいては非常に重要な手法であるといえます。

 

ソーシャルリスニングは、企業側が現状や施策結果の把握をし、次の戦略を練るための判断材料として重要な役割を担っています。

ソーシャルリスニングの分析方法

ソーシャルリスニングに必要な分析方法は「テキストマイニング」のほか、AIを活用した方法があります。

 テキストマイニング

テキストマイニングとは、分析対象となるデータとして「SNSの書き込み・Webの情報・アンケート記録」などのデータから有益な情報の抽出が可能となる手法です。

そのため、負担の軽減に加えてビッグデータの有用性を求められる現代では、利用価値の高いものとなっています。

アンケートやコールセンターに届いたお客様の意見や要望を分析し、Twitterでは日々圧倒的な量のテキストを拾うことで、今後のトレンドになりそうな商品やサービスの抽出も可能となります。

 ポジティブ・ネガティブワードの抽出

AIを活用することで、人力では難しいデータの抽出が可能となります。同じ単語を使用していなくてもそれに近い単語などを自己判断してくれるので精度が高く、なおかつ簡単なワード抽出ができます

また投稿や口コミの内容が、ポジティブなのかネガティブなのかというところまで判断が可能です。ネガティブな意見が見受けられたら、それを基に商品改善や業務改善に役立てることができます。

昨今のSNSで起きうることとして”炎上”があります。もし自社関連で炎上が起きてしまっていた場合、即時対応が可能という利点もあります。

 画像情報

Instagramといった画像投稿SNS・サイトを主軸としているところからの分析は、文章以上に画像から得られる情報がたくさん存在しています。AI認識を活用すると画像からも分析が可能なので、例えば自社や他社のブランドロゴを認識し、どういった世代や職業の人が購入しているのかといった人の手では取得しづらい情報を得ることができます。

ソーシャルリスニングの活用方法

活用イメージとして、自社のブランドイメージのリサーチや他社から同時に出た類似商品との競合状態の調査も行えます。新商品は発売した後の購入世代や意見を把握することにより、的確なニーズをくみ取ることができます。

ソーシャルリスニングは、商品開発から市場調査・カスタマーサポートまであらゆる業態で活用できるリサーチです。

 

SNSマーケティングに活かす分析ツールの選び方

近年、利用者が増加しているSNS。個人で利用する人はもちろん、マーケティングに取り入れる企業が増えてきました。

しかし、ただ開設しただけではなかなか上手く運用できません。そこで活用するのが分析ツールです。ここでは分析ツールの選び方を4つの観点「予算」「プラットフォームへの対応」「指標」「必要機能」から解説します。

 

予算

沢山ある分析ツールの中から、どれを使用しようか考える際に気になるのは料金です。
SNS分析ツールは無料で使用できるものから、月額数十万かかるものもあります。

無料のものよりも高いものの方が、分析速度が速くなり、より細かな分析ができます。

 

どのSNS分析ツールにするか悩んだときは、ツールの機能や予算に合わせていくつかピックアップしてみましょう。無料プランやトライアル期間のある分析ツールを活用してから自社にあった料金プランのものに移行すると良いでしょう

利用するプラットフォームへの対応

SNSを運用するにあたって、目的に合ったマーケティングや分析ができるものを使用しましょう

自社で利用しているSNSがあれば、それに合わせて選びます。

 

たとえばTwitterを利用している場合に無料で簡単に分析したい方は「Twitterアナリティクス」がおすすめです。

Twitte社が提供しており、いいねやクリック数等が簡単に分析できます。もっと高度な分析をしたい場合は他社との比較分析もできる「つぶやきデスク」があります。TwitterとFacebook運用ツールで企業向けです。

今回はTwitterを例に紹介しましたが、他にもプラットフォームによってさまざまな分析ツールがあるので検討しましょう。

分析したい指標への対応

SNSで分析したい指標は以下の3つです。

・フォロワー数

・フォロワーの属性

・エンゲージメント率

・リーチ率

SNS分析で重要な指標は「フォロワー数」と「質の高いユーザー」です。人数だけでなく、どの投稿でフォロワーが増減したのか、そのフォロワーの属性である男女比、年齢層等を把握し、質の高いユーザーを集めることが重要です。

次に、いいねのタイミングやコメント等ユーザーがどの記事で反応したかを示す「エンゲージメント率」です。エンゲージメント率が高ければ、興味を持ってくれているユーザーが多いという事で、売上向上にも繋がっていきます。

 

分析ツールを選ぶ際は「分析したい数値」を表示してくれるツールを選ぶことが重要です。

必要機能 

どの分析ツールを使用したいか、ある程度絞れたら必要な機能を確認します。

自社の運用方針を基準に、分析したい内容に適したツールであるか、適合性を確認しましょう。

 

SNS分析を行う際、自社アカウントの分析と同じくらい重要であるのが、競合他社アカウントの分析です。その際に使用する競合調査機能の充実度もポイントになります。

また、複数アカウントを運用する場合は、すべてのアカウントの運用状況を一覧できる機能が備わった分析ツールにすると、管理が楽になり便利です。

 

これらを参考に、自社に合った分析ツールを探すと良いでしょう。

SNSマーケティングに役立つ分析ツール10選(2311字リンク抜き)

SNSマーケティングに役立つ分析ツールには、対応しているSNSや設定されている料金プランなどが異なります。自社が運営するSNSに対応しているかをしっかりと把握し、自社に合った分析ツールを選びましょう。

SNS全般の分析ツール

HootSuite 

引用元:https://www.hootsuite.com/ja/

 

  • 概要  

HootSuite社が提供しているSNS管理ツールで、複数人でのSNS運用や複数のSNSアカウントの運用に対して支援する機能を備えたものとなっています。

 

  • 主な機能 

自動投稿予約機能・ダッシュボード機能

 

  • 対応SNS  

Twitter・Facebook・Instagram・YouTube・Pinterest

 

  • 費用 

professional  ¥5,000

Team    ¥14,000

business      ¥66,100 

 

 Buffer

引用元:https://buffer.com/

 

  • 概要

機能がシンプルであるため、直感的操作ができ、SNS運用初心者でも使いやすいのが特徴です。

 

  • 主な機能 

投稿予約機能・投稿分析機能

 

  • 対応SNS

Twitter・Facebook・Instagram・Linkedin・Pinterest(有料プランのみ)

 

  • 費用

Awsome $10

Small $50

Medium $100

Large $250

 

 

Zoho Social

引用元:https://www.zoho.com/jp/social/

 

  • 概要

個人から企業までの方が利用できるよう多くのプランが準備されています。

シンプルなUIにより操作性が高い。

比較的リーズナブルな価格帯での使用が可能なツールです。

 

  • 主な機能  

有料に限り、分析機能や予約機能有り。

 

  • 対応SNS

Twitter・Facebook・Instagram・Linkedin・Googleマイビジネス

 

  • 費用

スタンダード    年間契約 ¥1,200/月 月間契約 ¥1,800/月

プロフェッショナル 年間契約 ¥3,000/月 月間契約 ¥4,200/月

 

Statusbrew

引用元:https://blog-jp.statusbrew.com

 

  • 概要

インドのアムリトサルで開発された海外製のマーケティングツールで、日本語対応もしています。Statusbrew株式会社が提供しています。

 

  • 主な機能

投稿機能・エンゲージ機能・リスニング機能・分析機能

 

  • 対応SNS

Twitter・Facebook・Instagram・Linkedin

 

  • 費用

Essential 月額 $99.00

最大10アカウントを3人で使用することができる。

自動で投稿を予約ができる(無制限)、自動で広告コメントへの機能。

 

Professional 月額 $499.00

Essential機能+30個のアカウントを10人で使用できる。

 

Enterprise 応相談

Professional機能+クライアント別のログイン窓口、専属のアカウントマネージャー、外部アプリのインテグレーション対応等。

Twitterの分析ツール

SocialDog

引用元:https://social-dog.net

 

  • 概要

SocialDogは、株式会社AutoScaleが提供しているTwitterの運用支援ツールです。

無料利用の特徴として、一部機能のみ使用可能です。

国内で600,000件のアカウント実績を保有しているため、Twitterにおいて日本最大級運用支援ツールとなります。

 

  • 主な機能

フォロワーの管理、エンゲージメントの分析、複数人でのアカウント運用、オートな投稿のスケジュール管理、複数アカウントの一元管理など。

 

  • 対応SNS

Twitter

 

  • 費用

¥0~¥12,800/月

(無料版は予約投稿機能に制限あり)

 

TweetDeck

引用元:https://tweetdeck.twitter.com

 

  • 概要

Twitter社が提供している公式分析ツールです。

Twitterの複数アカウントを管理・情報収集・複数人で同じアカウントを利用する機能などがあります。

 

  • 主な機能

複数人でのアカウント運用、投稿の自動化

 

  • 対応SNS

Twitter

 

  • 費用

¥0

 

Instagramの分析ツール

Instagram Insights

引用元:https://help.instagram.com/788388387972460

 

  • 概要

公式運用されているツールなので無料で使え、手軽に始められる便利ツールです。

Instagramのビジネスアカウントとクリエイターアカウントのみ使用できます。

 

  • 主な機能  

Instagramビジネスアカウントのみ使用可能な分析機能

 

  • 対応SNS

Instagram

 

  • 費用

¥0

SINIS

引用元:https://sinis.jp

 

  • 概要

テテマーチ株式会社が提供している、Instagramの運用支援ツールです。

実績として、連携アカウント数は31,000件です。

また、大手企業でも多く導入されているため、Instagramにおける国内最大級の運用ツールです。

 

  • 主な機能 

InstagramをアプリだけでなくPC上で管理・運用することに特化している。

競合アカウントの分析などもできる。

自動レポート作成。

 

  • 対応SNS

Instagram

 

  • 費用

 

¥0~¥50,000/月

(無料版はデータのPC管理機能のみ保証)

Facebookの分析ツール

エンゲージマネージャー

引用元:https://engagemanager.tribalmedia.co.jp

 

  • 概要

ツール導入から活用までを手厚くサポートしてくれる法人向けのツールです。

 

  • 主な機能

トレンドを把握し、投稿を管理できる。

承認ワークフロー機能、社内メッセージ機能、5種類のSNSを一括管理。

 

  • 対応SNS

Twitter ・Facebook・Instagram・YouTube 

 

  • 費用

初期費用¥100,000

   150,000〜/月(追加オプション有)

 

comnico Marketing Suite

引用元:https://www.comnico.jp/products/cms/jp

 

  • 概要 

 

操作が簡単で使いやすいのが特徴のツールです。

comnico Marketing Suiteの実績として、このツールを使用しているアカウントは日本国内で3000件を超えています。

 

  • 主な機能 

投稿・分析・モニタリング・ライブラリー

 

  • 対応SNS 

Twitter・Facebook・Instagram

 

  • 費用  

¥50,000

 

関連記事:SNS運用ツールを徹底比較!無料&有料ツール13選

SNSマーケティングを成功に導くポイント

SNSマーケティングを成功させるためには

・分析と効果検証を繰り返す

・競合アカウントを調査する

・運用ルールを徹底する

などのポイントがあります。

ポイントを把握し、成功へと導きましょう。

分析と効果検証を繰り返す

ユーザーの心理に基づき投稿を作成し何度も仮説検証することが何よりも重要です。

スケジュールなどを事前に立て、週に1回前週のKPIを振り返り、次週の内容を企画するなどの習慣をつけることで、分析やフィードバックを投稿に反映できます。

 

KPIの分析で課題や伸ばしていくポイントが見えてきたら、次にABテストでよりパフォーマンスの高い形を見つけましょう。

仮説検証をする時、テストの対象は1つに絞ることがポイントです。

 

ユーザーの心理に沿った仮説検証は、とても時間がかかりますが、何回もの検証を重ねることで、初めの段階と比較することができ、目に見えた数値の違いが表れていきます。

 

競合アカウントを調査する

SNSマーケティングを実施するにあたり、同業企業の中でも最も優秀な企業を対象とし経営やマーケティング手法を分析自社と比較していきます。

 

単に他社企業を分析するだけではなく、自社と比較する事で効果を高められます。

他社の分析を踏まえ、優れた施策や手法を自社に積極的に取り込み、分析・比較で浮き彫りになった事柄に対処することで、現状の改善につながります。

 

競合アカウントを選ぶ対象は、自社と同じような内容や規模が近い他の企業、主に成果を出している企業だと効果的です。

運用ルールを徹底する

SNSを運用する際には、ルールをきちんと決めておく必要があります。

ルールを定めることで

・投稿の質を保つことができる

・担当が代わっても継続的運用ができる

・トラブルを最小限に抑えれる

・企業の利益・信頼を守ることができる

などのメリットがあります。

運用ルールをしっかりと決め、効果的なSNS運用を目指しましょう。

 

関連記事:SNSマーケティングとは?運用のコツと成功事例をご紹介

SNS分析ツールを利用してマーケティングの効果を高めましょう

自社のみで分析から結果を導くことができれば、効率よく運営でき、コストも抑えられます。しかし、分析には膨大な量の情報と専門的手法を用いなければならないなど難しい面もあります。

そういった問題点を解決するために、ご紹介した分析ツールの活用という選択があります。

 

SNS における課題の発見から戦略の組み立て分析や運営までをその分野のプロに依頼できるサービスを提供しているわたしたちepaceにお任せください

企業の経営者やSNS担当者に寄り添い、マーケティングの高い効果を実感していたけるよう支援しています。こういったSNS関連のマーケティングにお困りの際は、一度ご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。