Columnwebマーケティングに役立つ情報発信

SNS運用コンサルタントとは?業務範囲と相場、選び方のポイント

SNS運用コンサルタントとは?業務範囲と相場、選び方のポイント<

新事業の立ち上げ等で、SNS運用を頼まれた方やWEBやマーケティングの担当になってしまった方に向けた記事です。

SNSコンサルで行うことは、言葉通りSNSに関するコンサルティングを行うことです。しかし「コンサルティング」というコトバが抽象的なため、具体的にどのようなことをしているのか、また依頼するときのポイントを理解している人は多くありません。

そこで今回はSNSコンサルの事業会社目線から、どんな業務をやるのか、費用感の相場や、選ぶポイントを解説しています。今後もユーザー数の増加が見込まれるSNSにおいて、コンサルを利用する機会もさらに広がっていくでしょう。そんなとき、SNSコンサルタントの適切な使い方、選び方を知ることで高い効果を得られると考えられます。

 

SNS運用コンサルとは

実はSNSコンサルには、明確な定義もなければ、必要な資格もありません。そのため、SNSコンサルと言っても使う人やシチュエーションによって異なります。ざっくりと理解をするなら「SNSマーケティング業務を代行もしくは、アドバイスをしてくれる人」という認識で間違いありません。

 

SNSは誰でも始められるが、時間もかかる

昨今では自分達でSNS運用等を始める企業も増えてきました。SNSの中でもFacebook、Twitter、Instagram、最近だとTikTokやYouTubeなどの動画に特化した媒体もあり、媒体が異なれば利用ユーザーの特徴も異なります。

そのため、各媒体ごとにどのような投稿にするべきか、またどのくらいの投稿頻度や更新時間が良いのかを攻略するために取り組むのには時間がないこともあるでしょう。

 

SNS運用コンサルの必要性

SNSコンサルを用いることで、これらのSNSマーケティング業務における悩みや課題に対して、自分たちで手を動かすことなく外注(もしくは一部を外注)することが可能です。

そして、企業におけるSNSの重要性が増すに連れて、SNSコンサルタントの需要も増えており、個人のフリーランスから専門の会社まで仕事を請け負うケースもあります。

そのため、価格や品質の差、また業務内容など。依頼する側としては、見極める点が多く、注意が必要です。そのため業務範囲の差に気をつけて、依頼してみましょう。

 

SNS運用コンサルタントの業務範囲

SNSコンサルタントの業務範囲について紹介します。多くの業務がありますが、大きく6つに分けることができます。

・課題定義
・戦略立案
・アカウント構築
・運用代行/支援
・インフルエンサー活用
・インハウス(内製)化支援

それぞれ具体的にどのようなことを行うのか詳しく解説します。自分たちが依頼する場合はどの部分が良いのか、逆にどんな問題があるのか考えてみてください。

 

課題定義

課題定義では、SNSの運用を行う目的を明確にし、現状と目的の状態に到達するまでに必要な課題を洗い出します。また課題定義した上で、SNSコンサルによって何を解決するのかを決めることを指します。この課題定義では、自社のみの運用だと軽視されがちです。

SNSコンサルでは、コンサルティングの成果に責任を持つ分、この解決するべき課題を明確に定義してくれるメリットがあります。しかしこの部分は、最も上流で抽象度が高いです。そのため、SNSコンサルタントの経験による差が大きく出る部分と言えるでしょう。

ある程度の予算規模(数十万〜)であれば、後述する戦略と合わせて提案してもらえることが多く、ある程度提案を受けてから検討することも可能です。その反対に、低予算の場合はコンサルタントの守備範囲に入っているか、予め確認する方が良いでしょう。

 

戦略立案

課題を取り除き、かつ目的を達成するために、どのようにSNSの運用するか等の戦略を考えます。ターゲット設定や、商品やサービスの特性、それに対応する各媒体の選定やリソース配分など様々な要素を総合的に判断して、目的達成のために最適な戦略を立案します。

基本的にはこの戦略を元に、SNS運用等の施策を行っていきます。また戦略では、目的よりもさらに具体的に効果測定できるKPIの設定なども行うため、要となる部分です。

 

アカウント構築

アカウント構築では、SNSアカウントを運用できる状態にすることや、後述する広告運用であれば広告アカウントの初期設定を行い、正常に広告配信ができる状態にすることを指します。

SNSアカウントを例にすると、アカウントの開設はもちろんのこと、プロフィールの設定やアイコンの設定なども行います。

また運用の規模が大きく分業する場合や、YouTubeのような動画系などは、画像や動画編集者、コピーライターの確保や、共通で使うソフトのレクチャー等を行うこともあります。

 

運用代行/支援

運用代行では、日々の投稿や、ユーザーからきたコメント返信といったアカウントの日常的な運用を代行する業務が行われます。コンサルタントと聞くとあくまでアドバイス的な意味合いが強く聞こえますが、SNSコンサルタントによってはこうした作業的なものも対応してくれることがあります。

また運用支援では、レポート作成や通常の運営の支援が行われます。代行とまでは行かないものの、通常の運用を手助けしてくれるものが多いです。レポートを例に出すと、ユーザーの反応をデータとしてまとめることで、ユーザーの反応を見ながら投稿内容や時間帯などを考慮し、さらにSNS運用等の効果を高めることができます。

結果を得るためには、アカウントを作ることをゴールにせず、運用に関してSNSの専門家に依頼することも選択肢の一つになり得るでしょう。

 

インフルエンサー活用

自社のサービスや商品をたくさんの人に知ってもらいたい場合、フォロワーを多く抱えていたり、影響力があったりするインフルエンサーを起用し、投稿を拡散してもらえます。しかしどのようなインフルエンサーを起用するのがいいのか、依頼の仕方はどうすればいいのかわからないかもしれません。

SNSコンサルタントにこれらを依頼すると、企業や商品に見合ったインフルエンサーをキャスティングしてくれたり、インフルエンサーが所属する事務所を紹介してくれたりします。

インフルエンサーによって、得意なジャンルは異なります。そのためインフルエンサー活用を選択肢に入れる場合は、コンサルタントがインフルエンサーとの繋がりはどれくらいあるのかもポイントになります。

 

インハウス(内製)化支援

SNSコンサルには前述の通り、運用代行等も含まれるというお話をしてきました。しかし最終的には運用の体制やノウハウを確立させて、運用を内製化したいですよね。

SNSコンサルによっては、運用開始から自社内での体制づくりや、ノウハウの確立を行ってくれるインハウス化を支援してくれます。これにより、長期で運用代行コストを支払わずに自社内にナレッジを貯めて、コストを削ることができます。

 

SNS運用コンサルタントの費用とサポート内容例

SNSコンサルタントの業務範囲に対して、いくらでどれくらいのサポートが受けられるのか、気になるかと思います。ここでは、SNSコンサルタントの金額別サポート内容を詳しく紹介していきたいと思います。

ここでは例のため必ずしも他社様に当てはまるものではありませんが、現在の相場を知る上では、役立つ情報になりますのでぜひご覧ください。

 

月2〜5万円のサポート例 

月額2〜5万円の価格帯では、主にフリーランスの方に対してSNSアカウントを用いて日々の投稿のみを任せる(運用代行)ケースが多いです。

具体的には、週に1回程度の簡単な投稿をしてくれます。投稿を定期的に実施できるため、更新までに時間が空いて、アカウントが止まっていると思われることがなくなる反面、社外にいる方に依頼するため、社内でしか発信できない事や、リアルタイム性のある投稿という意味では一部投稿内容に制限がかかります。

それ以外にもコメントの返信やレポート分析といった業務は自分たちでやる必要が出てくる可能性が高いです。これらの業務に専任者がいる場合は、投稿のみを依頼する形で良いでしょう。

 

月5~15万円のサポート例

月額5〜15万円の価格帯では、フリーランスまたは企業が運用代行と合わせて、簡単なコンサル業務まで行ってくれることが一般的です。

具体的には、月1回の月次レポート業務に加えて、打ち合わせで解説してもらえることが多いです。さらに詳しいアドバイスや相談を必要とする場合は、月10-15万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

 

月15〜30万のサポート例

月額15万円〜30万円程度の価格帯では、本格的なSNSコンサルのサービスを利用できるようになります。また一般的には、ほとんどが企業になります。一部専門性の高いフリーランス人材も、これらの価格帯とサービスで業務を行っている場合があります。

特定業務の切り出しではなく、課題定義から戦略立案、アカウント構築といった専門性の高いサービスを受けたい方は、この程度の予算を確保するのが一般的だと言えるでしょう。

これらのコンサルティング業務に加え、投稿内容のディレクションといった、一部の運用代行もサービス内容に含まれるケースもあります。同じ運用代行でもアカウント構築から一貫した内容のため、一般的にこの価格帯未満のものより投稿の品質も高くなります。

 

月30〜のサポート例

月額30万円〜の価格帯では多くの場合、SNS運用業務のほぼ全てを任せることが可能です。この価格帯までくると、基本的には企業のみです。

課題定義、戦略立案、アカウント構築、プランニング、改善策の提案といった上流工程から、投稿内容の作成やディレクション、ユーザーへのコメント返しといった実務も含めて、業務を委託できることが多くなります。

特に画像や映像の制作を含む場合でも、この価格帯なら対応してくれる企業も増えるでしょう。ただこれらのクリエイティブのクオリティに関しては、コンサルタントや企業によって大きく異なるため、実際に制作まで請け負っているアカウントを予め教えてもらうと良いでしょう。

 

SNS運用コンサル会社を選ぶ際のポイント・注意点

SNSコンサルは、成果の透明性を確保することが難しく、すべての成果が数値化できるほど単純な分野でもありません。

だからこそ大切な点は、信頼できるSNSコンサル企業を見極めることです。選ぶ際のポイントと注意点を紹介します。

  • 依頼する目的を明確にする
  • 実績を確認する
  • 個人ではなく、法人のコンサルタントに依頼する
  • KPIがしっかりしている会社を選ぶ
  • すぐに決めずに複数の会社の提案を受ける

 

依頼する目的を明確にする

まず大切な点は、SNSコンサルタントへ依頼する目的を可能な限り明確にすることです。

具体的には、下記のように目的を言語化してみることから始めましょう。

  • SNS運用をゼロからスタートする際の専門的なアドバイスが欲しい
  • 運用中のSNSアカウントがあるが伸び悩んでいる。分析と成長戦略を具体的に示してほしい
  • SNSアカウントの構築はできたが、SNS投稿業務に手がまわっていない。

…など、なぜSNSコンサルをお願いしたいのか?を明確にしておきましょう。

この点が曖昧なままだと、SNSコンサルとのサービスがミスマッチになってしまいます。このすれ違いを避けるためにも、何のためにSNSコンサルをお願いしたいのか明確にし、自分達の意図したものにお金を使えるようにしておきましょう。

 

実績を確認する

SNSコンサルは、資格なども必要なく、誰でも名乗れてしまう肩書きです。そのため、本当に実態がある専門性の高い企業かを、慎重に見極める必要があります。

これをチェックするのに有効な手段の一つが、「過去の実績」について詳しく聞くことです。ただ実績だけではなく、できれば実績に関して詳しく教えてもらうと良いでしょう。実績に関しても、アカウントを列挙するして実績と言い張ることもできてしまいます。

そのため、実績を詳しく聞くと中々教えてくれないSNSコンサルは、控えておきましょう。

 

個人ではなく、法人のコンサルタントに依頼する

最近は、フリーランスのSNSコンサルタントも増えています。フリーランスの場合、企業に比べて品質に大きくバラ付きがあります。

中には運用ノウハウに乏しい自称SNSコンサルタントという場合もあるため注意が必要です。費用が格安だということで頼むと、最終的に運用に失敗して予算も時間もムダになる恐れがあります。

もちろん「個人=品質が低い」という訳ではありませんが、特にSNSコンサルタントに仕事を依頼するのが初めての場合は、法人の方がフリーランスに比べて品質のバラツキがなく、安心できるでしょう。

 

KPIを適切に設定し、追えている会社を選ぶ

一定規模でSNSアカウントを運用するには、KPIの設定は必須です。SNSコンサルタントに依頼するとき、運用方針の中でKPIを設定しているか、それを追えているのかを必ず確認しましょう。

過去にどのようなKPIを設定し、どういった結果が得られたのかを確認してください。SNSコンサルタントであれば、必ずKPIの設定根拠や推移などを答えられるはずです。

逆にKPIに関して設定を疎かにしている、あるいは行っていないSNSコンサルタントへ発注しても、運用はうまくいかない可能性が高いです。KPIの設定は、SNS運用において最も重要な要素の一つです。KPIに対して真摯に向き合えているSNSコンサルタントを選ぶようにしましょう。

 

すぐに決めずに複数の会社の提案を受ける

魅力的な価格や、提案だったとしても必ず比較検討はしましょう。特に「安い、早い、必ず成果の出る」を売り文句にしている事業者は、気をつけてください。

なぜならSNSコンサルは、やればやっただけ成果が出るものではなく、外部要因にも大きく左右されやすく絶対の成功パターンも存在しないからです。SNSという分野は、多くの外部要因に左右されながら進めていく、不確実性の高いプロジェクトです。

この不確実性の高さが、成功した際に大きな成果をもたらしてくれますが、これらの成功事例の背景には、成功事例の数とは比べ物にならない数の失敗があります。これらを理解している事業者様であれば、簡単に「安い、早い、必ず成果の出る」等の売り文句は使わないことが多いです。

そのため1つの事業者で決めず、どんなによく見えても複数のSNSコンサルタントの提案を受けて客観的な視点を忘れないようにしましょう。

 

SNS運用のご相談はEpaceへ

SNS運用の目的にブランディングが含まれている場合は、避けては通れないマニュアル作成。念入りに作成することで、複数人で運用してもアカウントの言動の統一化が図れたり、炎上リスクの軽減をすることができたりと安定運用の土台となります。

しかし運用をしていく中で、状況の変化に応じて、マニュアルの内容も変化させていくことが重要です。今回紹介した内容をベースにして、長期的に企業イメージを向上できるよう定期的なメンテナンスをし、安定したSNS運用の基盤を作っていきましょう。

Epaceは積み上げてきたSNS運用のノウハウを使い、お客様にあったツールの選択から、投稿の作成、運用、細かい分析まで行い運用の支援を致します。

SNS運用を効率的に成功させたい、運用に困っているなどありましたらぜひお問合せください。

 

お問い合わせはこちら

執筆者

株式会社Epace 代表取締役

佐藤 駿介
お問い合わせ

Contact

お問い合わせ

弊社へのご相談・ご質問等のお問い合わせはこちら。